2013年 06月 17日

2013.6.15-16 佐渡島縦断トレイル day1

ずっと行きたかった佐渡島へ。佐渡島北部の大佐渡山脈の主稜線トレイルを縦断する。
久々の泊まりハイキング。
b0219778_19104949.jpg

写真は19:00頃の霧の切れ間のドンデン避難小屋とキャンプ地。



梅雨を避けるべく、当初は梅雨の無い北海道の北根室ランチウェイに行くはずだったが、当日朝に雨が確定っぽくなって急遽キャンセル。天気予報で唯一雨じゃないのは、新潟県。迷わず翌朝の新幹線とフェリーを予約した。

11時過ぎに佐渡島の両津港着。腹ごしらえに刺身定食。特にイカ刺が美味い。
b0219778_19125287.jpg

今日の行程は標高850m程度の白雲台から佐渡島最高峰の金北山1172mを経てドンデン池(850m)の周りで幕営する、地元の人曰くCT7:00強の12km強の道。たぶん5:00あれば行けると踏んだ。地図は佐渡観光協会で配布しているトレッキングマップ。何と問い合わせると無料で送付してくれる。
b0219778_1924120.jpg

タクシーで向かうは白雲台。展望台があり、天気が良ければ劔も見えるというがあいにくの濃霧…。というか雲の中だ。下界は曇りで山の上は雲で隠れているのは見えていたが案の定だ。ここから金北山までは防衛省の管理道路を行く。ゲートを空けて林道を進む。因みにここは事前に自衛隊にTELして届け出が必要。と言っても住所と名前と人数伝えるだけ。13:00前出発。
b0219778_1934922.jpg

緩い登りが続く。眺望ないのは残念だが、久々のハイクと初めての道に楽しく歩ける。
b0219778_19304181.jpg
b0219778_19301389.jpg

眺望がよさそうな場所も雲の中で真っ白。ゆる下りは走ったりした。
霧は湿度は高いがカラダを冷やしてくれて気持ちいい。
b0219778_19293755.jpg

1時間ほどで小降りだが雨が降り出す。確かに予報では15時から1時間だけ雨予報だったな。甘くない。とはいえすぐに止むだろうと雨具を上だけ着る。着るつもりの無かった雨具を。(嫁のはORヘリウムJK)
b0219778_19361170.jpg

何も見えない金北山はどこが山頂かもわからないままスルー。木や草が生い茂るトレイルへと変わる。雨の森だ。道はしっかりしているが細く、濡れた草やら何やらが生足を撫でて気持ち悪かったが次第に快感に変わる。特に蚊に刺されたところが擦れた時なんかは格別。
b0219778_1937559.jpg

森歩きなら霧も悪くない。少なくとも味わいはある。森林限界超えの稜線の雨とは違う。ま、晴れてた方が良いけど。枝の張った雨の森トレイルを歩くときに雨具の役割は雨というよりも露を防ぐものでもあると実感。
b0219778_21522595.jpg

ひたすら霧の森が続いた後にあやめ池があらわれる。
b0219778_19401056.jpg

イモリ平は開けた場所だか何も見えない…。たぶん晴れてたら気持ちの良い場所なんだろう。しかし佐渡トレイルは本来どんな景色を見せてくれるんだ!?きっと海とか見えるんだろうな。。。
b0219778_21533849.jpg

晴れ間とともに開けたのは、真砂の峰というところ。元気がでた。
b0219778_21542729.jpg

レインシェルを脱ぎし一気に天気の回復を期待したが、晴れ間はそう長くは続かず再び霧の世界へ…。
牛糞のデカさに唖然とする。熊のいない島だと知っていたからいいが、知らなかったらビビる。
b0219778_20481329.jpg

牛糞注意のトレイル。
b0219778_20485314.jpg

マトネ手前でも一瞬の晴れ間。あんな深い森の稜線を歩いてきたんだな。
b0219778_20465313.jpg

マトネからはドンデン高原へとゆるっと下る。
b0219778_20521060.jpg

30分強でドンデン山荘とキャンプ場の分岐。この時点で夕方の5時過ぎ。地元の人曰くのCT7時間を4時間で来たことになる。
土曜日にもかかわらず、ここまで2組にしか会っていない。1組は白雲台から金北山をピストンした熟年夫婦。もう一人はソロのトレイルランナー。静かなトレイルを堪能できた。
全身雨やら露やら汗やらでグショグショの僕らはまずお風呂のある、ドンデン山荘に向かう。
b0219778_2114670.jpg

山荘のイメージに似つかわしくない(良い意味で)、近代的な建物。
b0219778_20495834.jpg

こんなお風呂にひとり。全身と着ていたモノすべて洗う。そしてドライヤーで生乾きまで仕上げ、また着る。変えはあるが最終日にとっておきたい。
b0219778_2050144.jpg

このキレイな山荘の隣にもテント場があるが、もっと自然に浸りたかったので、6:00過ぎにドンデン避難小屋近くのキャンプ場に向けて再出発。2km弱、30分程度だろう。その前に我慢できずビール350mlを2人で分けたけど。
b0219778_20594872.jpg

b0219778_20591584.jpg

霧に浮かぶドンデン避難小屋が見えた。花なんかあって悪天候のなかオアシスに見えた。
b0219778_20523199.jpg
b0219778_20524735.jpg

誰もいなかったら避難小屋もありじゃない?キレイだったら避難小屋もありじゃない?
小雨のなか濡れた地面にシェルター張るの萎えない?
避難小屋にそんな魅力を感じたのは初めて。ロケーションのせいもある。

恐る恐るドアを開けると、そこはそこいらの山小屋並みの立派で広い小屋。30人位はイケる。
b0219778_20533394.jpg

2階は広々としたこんな感じの清潔な畳敷き。
b0219778_20535010.jpg


そして誰もいない。この時点で19時頃。これから誰かほかの人が来る可能性は極めて少ない。
すでに気持ちは決まった。ここはきっと天国だ。今日の宿はここにする。
(ちなみに今回のシェルターはSixmoonDesignsのLunarSoloとGatewoodCape+Nettent。)

バックパックを置き、周辺散策。濡れた地面へのシェルター設営のストレスから解放されると、より一層景色を楽しめる。草原のキャンプ場。晴れてたら絶好のロケーションだ。右の丘の上には牛糞の主が見える。この辺は彼らの寝床でもあるのだろうか。この時点で19:00過ぎ。(この日は20:00前まで明るかった。)
b0219778_20553690.jpg

あらゆるものを干し、アルファ米と無印バタチキカレーのいつもの夕食。新潟駅近くのパン屋で買った菓子パンをデザート代わりにしながら、明日の予定を思案する。他に誰もいない清潔な避難小屋、最高だ。

明日は雨さえ降らなければ、和木登山口までね縦走をコンプリートさせて、そのまま海まで舗装路を下り、11:43発の路線バスで両津港に戻り、海鮮メシをたらふく食べてやる。
本来は2泊3日で、2泊目は島の北端にある二ツ亀キャンプ場に泊まる予定だが、臨機応変にいくことにしよう。

とにかく晴天を期待して、21:00過ぎ就寝。
[PR]

by takemicchy | 2013-06-17 22:00 |  佐渡 | Comments(4)
Commented by yama-oson at 2013-06-19 13:48 x
わ〜!待ってました。
尾瀬からの帰り道、みんなで「佐渡ヶ島ってどんなところ!?」と妄想していました。
ガスが濃いですが、なんだか良さそうなトレイルですね。
山小屋の概念も本土とちょっと違う感じで。
続きを楽しみにしています〜。
Commented by takemicchy at 2013-06-20 23:58
2DAYの旅ハイクとしては抜群のトレイル!
実は緯度的には東北の山以上なので、梅雨時の1,000mでも涼しいんです。
草原と森のバランスも良く、森はかなり深いのでいい感じ。
とにかく静かで荒れていないトレイルで浸れます。
かなりおすすめ!
Commented by Thern at 2015-10-01 15:49 x
このエントリーを読んでから2年強ずっと行きたいと思っていた佐渡縦断トレイル、みなさんの2014年の行動を参考(パクり)に
先月とうとう行ってきました!登山口からテン泊場所下山場所はたまた下山後の寿司屋までほぼ丸パクリの2日間でした。
私自身新潟の人間なのに全く知らず、興味すら持っていない土地でしたがこのブログのおかげで素晴らしい時間を過ごすことが出来ました。ありがとうございました!
Commented by takemicchy at 2015-10-31 11:01
Thernさん

コメントありがとうございます!ブログ書いててよかったって思いました。
静かな山歩きが楽しめる変化に富む極上のトレイルですよね。また行きたくなっちゃいます。


<< 2013.6.15-16 佐渡...      2013.5.2-3 北関東の... >>