2013年 06月 20日

2013.6.15-16 佐渡島縦断トレイル day2

2日目は、ドンデン避難小屋から縦走路北端の和木登山口を経由し、海まで下りる17km。
b0219778_23282520.jpg

牛が放牧される草原のトレイルをいく。



4時前には明るかった。外に出てみると晴れてはいないものの視界は開けている。
牛がキャンプ場で寝ている。
b0219778_23234889.jpg

今日の行程はCT6時間程度。時に走ったりしながら、4-5時間で十分行けるはずなので急いで出る必要もない。
b0219778_23401971.jpg

もう一眠りして、ゆっくり朝飯食べて行こう。避難小屋ライフ。
b0219778_23241078.jpg

6時に再び目覚めたときには晴れていた。
b0219778_23244774.jpg

海だって見える。こういうのが見たかった。
b0219778_23342539.jpg

昨日からの雨と夜露での深い森歩きで濡れる事を想定し雨具上下(上はOMMサイファーJK、下はモンベルのバーサライトパンツ)を着込んだが、この晴天のなかでは、濡れても開放的な方が気持ちいいだろうと、脱いでスタートすることに。
b0219778_23345223.jpg

ひとつ残念なことは、4年ほど雨風に耐え、使い続けたカメラ(CX1)が昨日の雨で遂にディスプレイに何も写らなくなったこと。今日はiphoneで行く。

7:00過ぎ出発。
b0219778_23354663.jpg

朝歩き始めるなり、この絶景。北アの○○平とか○○原って場所にありそうな感じ。
b0219778_23351188.jpg

b0219778_23262670.jpg

ドンデン池。テント張りたい。
b0219778_23264426.jpg

極上すぎて走ったり。確かに佐渡トレイルはアップダウンはあるが緩やかなので、30km程度の1day全縦トレランにも最適だ。(金曜の新潟出張とか入れたい。)
b0219778_23361624.jpg

放牧牛注意の標柱。
b0219778_23254886.jpg

そして、ホカホカの牛糞トレイル。
b0219778_23273298.jpg

歩きやすい緩やかなトレイルをズンズン進む。
b0219778_23364382.jpg

先を行く牛を捉えた。
b0219778_23275919.jpg

トレイル脇というか、トレイル上で草をムシャムシャ食べてる。近くにこの巨体がたくさんいるとちょっと怖い。
b0219778_23371084.jpg

僕らを何と勘違いしたのか後をついて来た。牛飼いになった気分だ。
海沿いの集落で育てられている牛が、6-10月は放牧されて標高900m付近まで登ってきているらしい。
(後に検索したが佐渡牛を食べられる店って佐渡でも少ないようだ。)
b0219778_23373041.jpg

しかし、のんびり歩くハイキングって最高だ。トレラン始めてから体力的な余裕が倍増したから尚更だ。

ここからは森の道。
b0219778_0312347.jpg

b0219778_0365349.jpg

森95%、開放的な草原5%。ときに表れる草原には名前がついており休憩ポイントとなる。とはいえ、水を飲むくらいだけど。
b0219778_032095.jpg

b0219778_0324678.jpg

良い杉の道。深い森。素晴らしいトレイル。
1,000mに満たないトレイルでこの満足感。この日もまだ誰にも会っていない静かなトレイル。
b0219778_0371799.jpg

b0219778_051838.jpg

何かの本で読んだが佐渡島にも屋久島に劣らない深い森と、屋久杉に匹敵する樹齢の杉の大木があるらしいが、今は公開よりも自然を守る方向にあるらしい。この森もトレイルも素晴らしい。しかし周囲260kmというこの大きな島でトレイルとして公になっているのは島の北部の僅か20kmの稜線とそこに繋がる3-4本の急な登山道のみ。もっと長く歩けるようになったらいいのにと思うが、トレイルの魅力が増し、来島者が増えれば荒れてくることも意味し、難しい問題だ。100kmクラスの素晴らしいロングトレイルを構築できるのは間違いない。

普段着の観光客が行きかう、石名天然杉遊歩道を早足で経由し、9:40頃に和木登山口到着。
ここから両津港まで直通バスが出ているが11:00発。一瞬迷ったが、1時間以上もバス待ちするのもったいないし、2時間半のハイキングでは体力を持て余している。10kmで800m以上を下る舗装路を下り、路線バスの和木北のバス停を目指す。

荷物整理+一本満足バーを補給し10:00頃に再出発。残り1:40でバス停まで、歩いたり走ったり。
b0219778_23165262.jpg

海辺のバス停に到着はなんだかんだで5分前。コーラがぶ飲みした。
b0219778_23174831.jpg

バスで両津港に戻り、エロい雰囲気の寿司屋へ。
b0219778_23373253.jpg

うまい。
b0219778_23212439.jpg

でも10貫では満腹には程遠く、間髪いれず2軒目へ。
お目当ては佐渡の岩ガキ。ヤバい。
b0219778_23225353.jpg

この時点でなんだか満喫した気分になって、わざわざ島の北端までいってキャンプせずに帰っても幸せなんじゃないか?って思いだして、翌日帰るつもりで予約した高額なジェットフォイル(@6,000円)をキャンセルし、2時間後の16:00発の安価なフェリー2等室(たぶん3,000円くらい)に変更。
あいた2時間は、公園のベンチでずぶ濡れの色んなものを干しまくって過ごした。
b0219778_2338393.jpg

新潟着後は、本日3件目の名店「五郎」を3年ぶりに再訪し、牡蠣のガンガン焼きとかを食べた。
ここで奇跡が起きた。酒場放浪記でお馴染みの尊敬する吉田類に新潟の酒場で出会って高揚した。
ちなみにTVで見るままで、ベロベロに酔っていた(笑。握手とかしちゃった。
b0219778_23333254.jpg

もう食欲とかぶっ壊れてて、最終新幹線を前に三好屋で〆のラーメン。
b0219778_23341710.jpg

良い旅だった。佐渡は秋口か初冬に再訪決定だ。トレイルも食事も最高なんだもん。
[PR]

by takemicchy | 2013-06-20 23:51 |  佐渡 | Comments(2)
Commented by boo at 2013-06-28 11:34 x
佐渡、かなり良さそうですね!!
なにより人がいないってのが良いですね〜。
牛にも会いたいし、是非行ってみたいっす。
Commented by takemicchy at 2013-06-29 23:54
booさん

ホントにいい高原と森でおすすめです。
東京朝発1泊2日でイケる佐渡島「旅+ハイク」。
リピート確実です。5月末/9月末-10月がべストシーズンかと。

次はフカフカのドンデン高原でテントで寝たいな。


<< 2013.7.20 大雪山1d...      2013.6.15-16 佐渡... >>