登ったり、漕いだり。

hikepedal.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 12日

Mountain Hard Wear ”Seaver Tech Short Sleeve Shirt”

夏場に裸に一枚で羽織れる、化繊100%のシャツ。
b0219778_10203021.jpg

酒場ランやチャリ移動、山の帰りなど軽いONとOFFを織り交ぜた遊びの際には特に使えそう。
半袖シャツと短パンの組み合わせで。



セレクトショップで普通に色柄が気になったシャツ。よく見るとMHWで化繊100%だった。
そんなきっかけで出会ったシャツが思いのほか良かったので。

素材は、サプレックスナイロン58%、ポリエステル42%で化繊100%だけど、肌触りはコットンライクで心地よい。しかもボタンもラバーボタン風なのがうれしい。

裸に直接羽織って、だらだら走って家から片道3km位をだらだらランで往復して見た。適度にゆとりがあるので風通しは良く、汗びっしょりだけど薄いので化繊Tシャツよりも乾く。なぜか気になる汗の白シミも今のところ出ない。

同社のCanyon Short Sleeve ShirtがRelaxed Fitだけにユルッとしてしまうので購入をためらっていたが、
これはStandard FitなのでCanyonに比べすっきりしたシルエットなのが嬉しい。
b0219778_1151471.jpg


定価は9,000円程度で、セール30%OFFなら6,000円強。
価格が手頃なのも化繊シャツへのエントリーを後押しした。

前回の八ヶ岳帰りに、風呂上がった後に予備兼着替えとして持って行った化繊Tシャツを着る行為にスポーツに戻る感じ(ON)を感じたため(表現難しいなぁ・・・)、風呂上がりにシャツをサラッと着て帰る行為が気持ちを山からOFFにしてくれるんじゃないかと。重量も150g程度なのでTシャツと変わらないし。

いちばん登場機会が多いのは、街までランで行って、ご飯食べて、買い物して帰る時だろう。
[PR]

by takemicchy | 2014-07-12 11:17 | 道具 | Comments(0)


<< 夏旅の準備 2014      2014.6.14-16 八ヶ... >>