人気ブログランキング |

登ったり、漕いだり。

hikepedal.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 15日

2011.5.14-15 奥多摩小屋 シャングリラ1デビュー day2 奥多摩小屋-富田新道-日原

静かな夜だったが満天の星空とは行かなかったようだ。かろうじて日が変わる頃から記憶は無い。3:30起床。寒かった記憶は全くない。4シーズン(ナンガオーロラ600DX)だから。しかし暑かった記憶もない。5月でそれだと冬はどーすればいいの?
もひとつ発見。BAIROのフード付きフリースが寝るとき調子いい。フードのおかげで寒くないし枕も寝袋も汚さない。後者、これ大事。パタゴニアのR1フーディーをいずれの目標にしよう。
明け方は風強く、シェルターの下から風が吹き込み、起きてしまう。シェルター内の気温は5度。外と一緒。
メシのために湯を湧かそうとするも、風が強くシェルター壁が揺れ、中じゃちとコワイので寒いが外でする事に。
寝袋の横にあったゴミ入れ用のジップロックが見当たらない。もひとつの袋も。消えているのだ。まさか…。
しかし3本残ったウインナーの容器はある。動物の仕業では無さそう。
シェルター下から強風が吹き込んでいた。飛ばされたに違いないが、辺りを探しても全くない。テントとの違いを知る。予期していなかった。シェルター内を散らかしてはいけないのだ。勉強だ。しかしルール違反の環境負荷を与えてしまった。ゴメンなさい。罪滅ぼしとして帰り道の登山道で1個以上ゴミを拾おう。
出発までのメシ及び撤収には工夫も写真もない。
出発は5:40。朝の富士山がくっきり見える。雲取山までちょい登り、そこから富田新道を下る。CTは4:40。東日原9:03のバスは無理か?
2011.5.14-15 奥多摩小屋 シャングリラ1デビュー day2 奥多摩小屋-富田新道-日原_b0219778_18252638.jpg




バイバイ奥多摩小屋。
2011.5.14-15 奥多摩小屋 シャングリラ1デビュー day2 奥多摩小屋-富田新道-日原_b0219778_18255421.jpg
南アルプスまで見渡せる。(山の名前は勿論、南アルプスなのかも定かではない。気分で。)
2011.5.14-15 奥多摩小屋 シャングリラ1デビュー day2 奥多摩小屋-富田新道-日原_b0219778_18264481.jpg


富田新道は踏み跡しっかりしているが、細い。
2011.5.14-15 奥多摩小屋 シャングリラ1デビュー day2 奥多摩小屋-富田新道-日原_b0219778_18275799.jpg
そりゃ石尾根と比べてだが。時間が時間なのか、北側尾根なのかひっそりとしていて、ちょっと不安になり声を出して進む。
2011.5.14-15 奥多摩小屋 シャングリラ1デビュー day2 奥多摩小屋-富田新道-日原_b0219778_18292678.jpg

急な下りが続く。1800mから1000mまでずっと。膝ガクガクしてくる。飽きる。
2011.5.14-15 奥多摩小屋 シャングリラ1デビュー day2 奥多摩小屋-富田新道-日原_b0219778_18304354.jpg
ここを登ってくる男性とすれ違ったのは7時過ぎ。登るのも辛そう。ん?何時にどこを出たら来られるのか。
2011.5.14-15 奥多摩小屋 シャングリラ1デビュー day2 奥多摩小屋-富田新道-日原_b0219778_1831139.jpg

八丁橋が7:30。
2011.5.14-15 奥多摩小屋 シャングリラ1デビュー day2 奥多摩小屋-富田新道-日原_b0219778_18315294.jpg
ここまで7:30に来られたら、9:03のバスを狙うと決めていた。ちょい登り林道に出る。
2011.5.14-15 奥多摩小屋 シャングリラ1デビュー day2 奥多摩小屋-富田新道-日原_b0219778_1832179.jpg

ここで整え、7:50再出発。林道終点まで7km。バス停はそこから30分。間に合わなくない?いや行くぜ。因みに次のバスは10:10分。そっちが健全。
2011.5.14-15 奥多摩小屋 シャングリラ1デビュー day2 奥多摩小屋-富田新道-日原_b0219778_18324173.jpg

走ったり歩いたり。8分/kmペース。10kg背負ってのそれは早いのか遅いのか。でも精一杯。普段だったら出来ない事がバス時間が迫ると出来る。不思議だ。
通ったことのない道はゴールまでの距離感がわからないないから、必要以上に急ぎがち。RG風。
見覚えのある鍾乳洞に着いたのは8:40。達成感の為にダラダラ歩き。いやココからも結構あるのよと再び走ったり。中日原を過ぎた所で5分前。頑張った甲斐あり。いや頑張らなければ無理だった。限界まで。限界だったから。
ゴール目前、放心状態で歩いていると、入れ替えのバスから降りて来たらしき比較的若くてウェアのトーンもおしゃれな集団が。何の集団かと思いきや最後尾には三鷹の店主。こちらは一方的に知っているので挨拶。土屋さんも知っている風に挨拶してくれたのが嬉しかった。いつも店では小物しか買わなくてすいません。あ、本も買いましたよ。2年前くらいに店に夫婦でテント泊が不安と相談に行った奴がシェルター泊してますよ。10kgもの大荷物抱えてですが。何をすれば軽くなるんだろう。寒い寒いって寝袋を冬用にしている限りは無理だな。
あ、ゴミ拾い忘れた。。。

by takemicchy | 2011-05-15 03:29 |  奥多摩 | Comments(2)
Commented by jackie at 2011-05-30 23:45 x
どうも、はじめまして。
この日、三鷹の地図講習でそのバスに乗ってましたw

他人のシャン1見るとよく見えるんですよね。
今年、僕はタープで行く予定ですけど
雨の時はシャン1で行きますよ。
僕も去年の春に奥多摩小屋でシャン1でデビューしましたので
思わずコメントしてしまいました。
Commented by takemicchy at 2011-06-02 00:02
jackie様

はじめまして。コメントありがとうございます。
初コメントがjackieさんで光栄です。
将監小屋の頃からいつもblues after hours拝見していました。
読み物としても毎回楽しみにしています。

やってみると色々気づくことがありますね。
“Aフレーム”っていいんだろーなとか。

ホントはいきなりタープを考えたんですけどね。
シャン1であるべきステップを踏んでみました。
以前にバンブーシュートで“30代後半になるとタープ泊にチャレンジできなくなる”と煽られたので、近いうちに挑戦したいと思っています。

引き続き参考にさせてください。
そしていつかblues after hoursにコメントしてみたいです。
“おぬし、やるのぉ”的な軽快なやつを。






<< trangiaアルコールバーナ...      2011.5.14-15 奥多... >>