人気ブログランキング |

登ったり、漕いだり。

hikepedal.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 05日

奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)

梅雨の晴れ間。近場で、行ったことがなくて、1000m以上の尾根含み、一日どっぷり歩けそうな場所として、選んだのがココ。CTは7:45。
崩壊道への侵入→道迷い→直登失敗などのドキドキする体験を含む、教訓満載の道中だった。
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_17205682.jpg




奥多摩駅9:30発の東日原行きバスに乗り、登り始めは10:00。ヨコスズ尾根の急登を心拍数を上げないようにゆっくり行く。いつもの急いで登ってちょいちょい休むのと時間が変わらず、よっぽど気持ちいい。
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_17224429.jpg

30分程の急登を終え、緩やかで広い斜面に着く。嫁のC3fitアームカバーは調子いいらしい。
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_17283834.jpg

昨年末の晩秋に来た時は紅葉終りで、一面落ち葉で埋め尽くされた開放感のある場所だったが、新緑の季節に来ると違う印象をうける。この辺が山の楽しみ方のひとつなんだろう。でもやっぱり秋の寂しく落ち着いた雰囲気の方が好き。晩秋はこんな感じ。
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_173133100.jpg

緩やかに上ったり下ったりしながら、
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_17363219.jpg
2時間程で一杯水非難小屋。
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_1733159.jpg
昼メシと思ったが、ベンチは先客の先輩達で盛り上がるので迷わずスルー。一杯水とはその名の通り。水場でナルゲン500mlBOZEMANオリジナルに水を足す。ココまで300mlを飲んじゃってた事に夏を感じた。
しばらくは1400m超の尾根をサクサク行く。
途中、昼メシのコンビニおにぎりとランチパックと午後ティーを補給する。こんな感じの場所で。
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_17372731.jpg
今回のハイクは色んな道具達をデビューさせる意味合いもあり、ブラックダイヤモンドRPMもそのひとつ。グレーは主張し過ぎず馴染んでよい。ついついGOLITE IONと並べて撮ってしまう。好きなのですモノが。
時間は12:30。この時点でゴールは決めていないが青梅線の駅に降りるにはCT5:00。自分達のペースだと16:00到着が妥当。急がないが山頂にこだわりがなく、なだらかな森あるきを楽しみたい我々は、ひたすら巻き道を選んだ。こんな木があったり。
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_17385162.jpg

まずは、仙元峠を巻いた。(写真は巻いた後)
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_17393632.jpg

次にこんなお誘い。当然、誘いにのる。
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_17401524.jpg

途中、綺麗な鳴き声の鳥が近くに。きっと鳥の名前とかは覚えようともしないだろう。コスタリカに生息する幻の鳥ケツァールでないことは確かだ。(by水曜どうでしょう)
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_17414678.jpg

巻き道は結構細く、やや荒れ気味の場所も。
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_17432694.jpg

結果、蕎麦粒山を巻いていた。(笑)
(実際は巻いておらず、この勘違いがその後の小事件を生む。)
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_17423926.jpg
この道標を見て巻き道好きならずとも「踊平巻き道」にいくでしょう。だって蕎麦粒山に戻ってから踊平に行くよりも。
(ここから「蕎麦粒山 踊平」に行くのが主稜線としては正しいし、戻ることにもならないのを帰ってから知る。)
踊平巻き道へ向かい現れたのはこの道標。見えにくいが「踊平(危険)」とある。
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_17571455.jpg

さらに進むと再び道標が。ここにも「踊平(危険)」の文字。
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_17584820.jpg

危なかったら引き返すことにして、まずは進むことに。
するとこんな崩落や、
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_1802883.jpg

こんな感じで木が道をふさぐ。(下をくぐりぬけるが、這わないと無理。)
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_1814710.jpg

そんなこんなで20分ほど進む。とにかく下る。踊平付近の標高はおそらく1300m超。すでにそこより下にいる。計算が合わない。しかも現れたのは冒頭の「CAUTION! DO NOT ENTER」の黄色テープ(再)。ヤバそうなにおいがしたのでしっかり読めるようにめくってみた。
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_22272844.jpg

うーん。迷っているぞ。進まない決断をする。少し戻ったところに四叉路らしきポイントがあった。当然道標はないが、来た道と間違えた道のほかに2方向見える。
来た道を引き返すのは荒れていて避けたい。どうしても迷ったら引き返すが、もう2つのどちらかを少し進んでみることにする。どちらとも登りだ。一つは戻る方向。もう一つは進む方向。選んだのは後者の「進む方向」。結果として尾根に出た。安心したのもつかの間、行き止まりに。
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_18113266.jpg

あー。これか。奥多摩での「道迷い遭難」。現在時刻は13:00過ぎ。まだまだ大丈夫。と思って下を見ると明らかにたき火の跡。これは非計画的なビバークでは。おぉ俺は今日に限ってダウンジャケットとか持ってきていない。半袖1枚にウインドシェル、あとはORのパーテックスシールドのレベルジャケットのみ。せっかくシャングリラ1もデビューしたのにこれも持っていない。油断だ。
さあ、先程の四叉路にもどり荒れ道を戻るか。いや尾根にいるのだから。尾根沿いに直登してみるか?直登方向は「踊平(危険)」の道標の方向であるはず。
「直登」を選ぶ。
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_1816114.jpg

鹿のフンだらけ。人が通らないところには獣のにおいがたくさんある。熊が出ませんように。
また行き止まり。
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_18173355.jpg

に見えた。その奥はけもの道だがフラットなようだ。これを最後のあがきとして進んでみると、なんとイメージ通り「踊平(危険)」の道標。あー。少なくとも生きて帰れる。「危険」はホントに危険だった。
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_18193829.jpg

かれこれ14:00過ぎ。40分ほどの道迷い。しかし一歩間違えると遭難が起こりうることを身をもって知る。授業料払ってもこの「焦り」を経験して生きて帰れる保証はない。
ここから確実なのは「蕎麦粒山→踊平」の道標まで戻ること。そこまで30分強。しかしそこから下山を考えるとヨコスズ尾根だと(結果ピストンになるが)約2時間。蕎麦粒山経由で赤杭尾根だと4時間。(川乗橋という選択肢もあるが、混みそうなので選択肢外に。)基本赤杭尾根を目指したいが、時間的に日没までギリギリ。最悪はピストンかぁと思い戻っていたところ右斜面上から人の声が。つまり右上は主稜線。そして急斜面ながらも黄色テープのなかにピンクテープが見える、直登ルートらしき道を発見。直登するとそこはまさしく蕎麦粒山と日向沢の峰の中間地点。
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_18405561.jpg

何かと根拠に乏しくも、自分で考えて復帰できたことに感動。
しかも気持ちのいい道。石尾根みたい(決してそうではない)。走らないが快走ルートだ。
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_18451370.jpg

奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_18455645.jpg
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_18461330.jpg

日向沢の峰山頂でおにぎり補給後、危機一髪のトラブル発生。虫がたくさんいたので顔の周りを帽子で払おうとしたその時、メガネを引っかけてしまい放物線を描き崖一直線。幸い木に引っかかって取れそうな位置にあったので救われた。しかしテンプル部が破損しており、まともに掛けられない。しかし代替は用意しておらず、メガネなしに下山は不可能なためグラグラのまま低い鼻だけでなんとか体を保つ。(最悪は細引きで結ぶorダクトテープでくっつけることを考えたが、それには至らず。)
教訓は「メガネのバックアップを持つ」or「コンタクトで山に行く」or「鼻を高くする」。実際は「バックアップにコンタクトを持つ」だろう。
そんな2度目のトラブルの後、冷静さを失っていたのだろう。日向沢の峰山頂直下には崖のような急下りがあるが、それ以外の道を見つけられず、この崖を降りた。
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_18592498.jpg

帰ってから脇に道があることを知る。まあ練習だ。
こんなビバーク適地(!?)もありながら、
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_21114333.jpg

とある地点の道標。「危険(崩壊)」とマジックで書かれた道を来ようとしていたのだ。一発目の看板にこう書かれていたら、行かなかったのになぁ。いずれにせよ自己責任だが。
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_2217987.jpg
まもなく、あんなにも辿り着きたかった「踊平」。特筆すべきことは何もなく、何の感動もない。
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_1992366.jpg

川苔山手前で赤杭尾根方面へ。早く駅に着きたい気分になる16:00である。
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_1910304.jpg

夕日っぽくなってきた赤杭尾根。
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_19123013.jpg

ここは疲れていなかったら気持ちのいい尾根だ。疲れているとどうでもよくなる。あとメガネが斜めっているので酔っ払っているみたいに見えるのだ。ほろ酔いハイクの練習には最適。
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_1913842.jpg

途中林道っぽいところに出る。数百m程度。唐突だが写真を見て思った。ORのラダ―ポケットキャップには一切の不満なし(3つ所有)。快適だし大きい頭が少しでも小さく見える(と信じている)。今年も早速売り切れているようだ。
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_20333915.jpg

再び登山道へ。そろそろ膝がやられつつあったので林道も悪くないなんて思っていたが。。。
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_2034422.jpg

本日殆どなかった眺望が少し赤杭山付近からどこかが。どこだろう石尾根っぽい気はする。いやきっと違う。
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_20365183.jpg

赤杭尾根800m付近。何度も言うが、疲れてなければ気持ちいい尾根のはず。
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_20381731.jpg
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_20382784.jpg

この後、やや荒れた道での真新しいカラフルなウェアを着た推定20歳前後の男女4人とすれ違う。コットンのTシャツや暑いのに新品っぽいゴアのシェルを着込んでおり初心者っぽい感じ。でも下山までは1時間強。時刻は17:00前。しかも彼らは登っている(風)。20L程度のザックで装備は不十分。目的は何なのだろう。ま、この時期ならなんとでもなるはず。っていいながらも遭難の危険を感じたヤツのセリフではない。
やっと終点、古里駅。
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_20444475.jpg

そうそう。今日のHikeでデビューさせたのはハイカットの比較的ソールの固い登山靴。
モントレイルHerium(ヘリウム)とガルモントのネブラスカ。
奥多摩East日帰りLongRoute(東日原-ヨコスズ尾根-一杯水-蕎麦粒山-赤杭尾根-古里)_b0219778_210241.jpg

普段はモントレイルのハードロックミッドやVASQUEのブリーズLTなどだが、今夏は北or南アルプスのいわばチックなところの長期(2泊3日のこと)縦走なども狙っているため、履きならしてみた。まったく違和感なく調子いい。しかしハイカットは足首があって痛い。スマートウールのMediumでも。足首上を覆うハイアンクルバンド(!?)を考えてみよう。
CT換算9:00程度(!?)の道で多くの教訓を得た長い一日だった。

by takemicchy | 2011-06-05 14:37 |  奥多摩 | Comments(2)
Commented by foxxzappa at 2011-06-06 13:00
はじめまして。
拝見させていただきました、ロングトレイルお疲れ様でした。
迷われましたか〜〜。巻道なので油断もありましたか。
オレも何度も迷ってエラい目に遭ったことは多々ありますので最近は普通の低山コースをゆるゆると歩いています。
膝の具合は如何ですか?長い歩きだとどうしても筋肉が機能しなくなり、足首、膝、腰とダメージが蓄積されます。やはり膝ですかね、問題がなければ良い脚ですね。
次を楽しみにしています。
Commented by takemicchy at 2011-06-06 22:46
foxxzappa様
コメントありがとうございます。
こんなトラブル対処しながら上手になってくのだと信じたいですね。未だ発展途上なので、まずは先輩の山体験を読ませていただくことにします。タイトル見るだけでワクワクします。
しかし膝ですねぇ。ストッパーがぶっ壊れてグラグラになってました。できることなら“下りの楽な道”をルート選びの条件に加えたいくらいですよ。


<< 大雪山へ 旭岳ー黒岳 大雪銀座...      trangiaアルコールバーナ... >>