人気ブログランキング |

登ったり、漕いだり。

hikepedal.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 19日

2011.6.17 大雪山へ 旭岳ー黒岳 大雪銀座縦走 その3(間宮岳-北鎮岳雪渓下)

間宮岳から先へ。中岳分岐へ向け緩やかに下る。
2011.6.17 大雪山へ 旭岳ー黒岳 大雪銀座縦走 その3(間宮岳-北鎮岳雪渓下)_b0219778_17512066.jpg

この辺で70代であろう男性とすれ違う。黒岳から入って御鉢巡りをするそう。元気だ。改めて山は長く続けられるスポーツということを認識させられる。嬉しい限りだ。そして人に触れて安心した。





わかりやすい道を下る
2011.6.17 大雪山へ 旭岳ー黒岳 大雪銀座縦走 その3(間宮岳-北鎮岳雪渓下)_b0219778_1750428.jpg

すれ違った後、中岳分岐でどら焼き休憩。
2011.6.17 大雪山へ 旭岳ー黒岳 大雪銀座縦走 その3(間宮岳-北鎮岳雪渓下)_b0219778_21394138.jpg
首の後ろに直射日光が当たっている。この時は気付かないが後で日焼けを超えた火傷をすることに。高山では首の後ろにつけるヒラヒラが必要なのだ。あとサングラスの必要性も初めて感じた。

中岳を目指す。
2011.6.17 大雪山へ 旭岳ー黒岳 大雪銀座縦走 その3(間宮岳-北鎮岳雪渓下)_b0219778_1812679.jpg

ハイマツだ。いろんな本で読んでいた高山植物だ。「ハイマツを抜けて・・・」みたいな風に書かれているのがきっとこれだ。いやー来たね、初体験。感動的だ。海外みたい。
2011.6.17 大雪山へ 旭岳ー黒岳 大雪銀座縦走 その3(間宮岳-北鎮岳雪渓下)_b0219778_1835183.jpg

来た道を振り返る。
2011.6.17 大雪山へ 旭岳ー黒岳 大雪銀座縦走 その3(間宮岳-北鎮岳雪渓下)_b0219778_1861412.jpg

中岳山頂直前にして。爽快!
2011.6.17 大雪山へ 旭岳ー黒岳 大雪銀座縦走 その3(間宮岳-北鎮岳雪渓下)_b0219778_1873223.jpg

さらに進み、北鎮岳分岐へ。
2011.6.17 大雪山へ 旭岳ー黒岳 大雪銀座縦走 その3(間宮岳-北鎮岳雪渓下)_b0219778_18112497.jpg

2011.6.17 大雪山へ 旭岳ー黒岳 大雪銀座縦走 その3(間宮岳-北鎮岳雪渓下)_b0219778_2141438.jpg
北鎮岳分岐手前から見る御鉢平。一番高い奥の山は白雲岳(2230m)。その左手前が北海岳(2149m)。
2011.6.17 大雪山へ 旭岳ー黒岳 大雪銀座縦走 その3(間宮岳-北鎮岳雪渓下)_b0219778_18141067.jpg

北鎮岳分岐手前から見る北鎮岳方面。色がスゴい。赤→白→黄色→黒→緑。
2011.6.17 大雪山へ 旭岳ー黒岳 大雪銀座縦走 その3(間宮岳-北鎮岳雪渓下)_b0219778_18161199.jpg

黄色ゾーンには奇岩がいっぱい。
2011.6.17 大雪山へ 旭岳ー黒岳 大雪銀座縦走 その3(間宮岳-北鎮岳雪渓下)_b0219778_1818135.jpg

こんなんとか。
2011.6.17 大雪山へ 旭岳ー黒岳 大雪銀座縦走 その3(間宮岳-北鎮岳雪渓下)_b0219778_18195251.jpg

あんなんとか。さらに石を積んでみたり。
2011.6.17 大雪山へ 旭岳ー黒岳 大雪銀座縦走 その3(間宮岳-北鎮岳雪渓下)_b0219778_18202592.jpg

そんなんとか。
2011.6.17 大雪山へ 旭岳ー黒岳 大雪銀座縦走 その3(間宮岳-北鎮岳雪渓下)_b0219778_1821180.jpg

ちょいと行くと北鎮岳分岐。北鎮岳往復は30分程度も迷わずスルー。写真のみ。
2011.6.17 大雪山へ 旭岳ー黒岳 大雪銀座縦走 その3(間宮岳-北鎮岳雪渓下)_b0219778_18235121.jpg

進むべき方向を見る。真ん中左の山頂テーブルマウンテンが黒岳。その間を繋ぐのが「雲ノ平」だ。気持ちよさそうだ。しかも雲ノ平は雪が懸念されたが心配なさそうだ。しかしながら左下に見えるのは夏場も残るという、北鎮岳直下の雪渓。これが急なのだ。
2011.6.17 大雪山へ 旭岳ー黒岳 大雪銀座縦走 その3(間宮岳-北鎮岳雪渓下)_b0219778_18404328.jpg

雪渓。というか残雪
2011.6.17 大雪山へ 旭岳ー黒岳 大雪銀座縦走 その3(間宮岳-北鎮岳雪渓下)_b0219778_18421437.jpg

こんな角度を下りる。
2011.6.17 大雪山へ 旭岳ー黒岳 大雪銀座縦走 その3(間宮岳-北鎮岳雪渓下)_b0219778_18425589.jpg

さっきの70代おじいちゃんは、アイゼン付けて直登したらしい。またもアイゼンなしで踵を打つけて乗り切る。ま、ここは滑っても下は平地で止まる。
しかし未だにマイクロスパイクを履いたことがない。ゆえに効き目が分からない。ここで練習しとけばよかったなぁ。面倒くさいと思っちゃいかんな。

ここで11:00過ぎ。先は確実に見えた。ここからは確実に快走ルートだ。たぶん。

その4へ続く。

by takemicchy | 2011-06-19 18:56 |  大雪山 | Comments(2)
Commented by foxxzappa at 2011-06-19 19:49
遠征、お疲れ様です。
ん〜〜ん、いい所だ〜〜。
北海道は何度も行ってますが未だ山は……です。
天候を味方につけるのも技の一つですよ。
ワイドレンズが欲しいですね。
Commented by takemicchy at 2011-06-20 22:52
ホントよかったんですよ。長期縦走を心に決めました。
360度のパノラマってやつをどう扱っていいものか。。。
軽くて小さくてワイドに撮れるってないものですかねぇ。


<< 2011.6.17 大雪山へ ...      2011.6.17 大雪山へ ... >>