人気ブログランキング |

登ったり、漕いだり。

hikepedal.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 25日

2011.9.17-9.19 白馬三山縦走 day3 白馬鑓温泉-猿倉

AM3:50起床。撤収やら水補給やらで5:00出発。
7:42猿倉発のバスに乗るのだ。CTは4:00のところ残された時間は2:42。既に落ちるように下る前提だ。
2011.9.17-9.19 白馬三山縦走 day3 白馬鑓温泉-猿倉_b0219778_18121083.jpg

写真は30分ほど下った地点から白馬鑓温泉を振り返る。天狗尾根と左に見えるのは不帰キレット方面か?



夜が明けきらない中、温泉が湯気を上げながら沢のように流れる横を下っていく。
と思いきや登ったり下ったりの繰り返しで一向に高度は下がらない。橋を渡ったり、砂利の道を進んだり。
2011.9.17-9.19 白馬三山縦走 day3 白馬鑓温泉-猿倉_b0219778_18152118.jpg
2011.9.17-9.19 白馬三山縦走 day3 白馬鑓温泉-猿倉_b0219778_18155582.jpg

道は明瞭なので心配ないが、初めての道ゆえ時間が稼げているのか分からない。
唯一の情報は、時間的な中間点が小日向のコルってところであること。最低限6:20までには着いておきたい。と、思うと楽しむ余裕はなくなってくる。既にスポーツになっている。
2011.9.17-9.19 白馬三山縦走 day3 白馬鑓温泉-猿倉_b0219778_1817677.jpg

2011.9.17-9.19 白馬三山縦走 day3 白馬鑓温泉-猿倉_b0219778_1817587.jpg

出発して帰る30分過ぎた頃だろうか、先行していた20代の若い男女二人に先を行かせてもらう。彼らもバスに間に合わせようとしているのだろう。常に後ろから足音の聞こえてくる適度な距離感を保ちながら歩いている。

もうすぐ小日向のコルだろうなってところで、好物のチーズ蒸しパンを水で流しこみながら、先ほどのカップルに先行してもらう。
2011.9.17-9.19 白馬三山縦走 day3 白馬鑓温泉-猿倉_b0219778_18183362.jpg
2人ともオスプレーを背負い、たしかテントはゴアライトだったか。若いが山慣れた印象を受けた。何せこのスピードで歩くには悪路の下山道をノーストックでバランス良く歩いている。
案の定まもなく、小日向のコル通過。6:10頃だろう。予定通りだ。
2011.9.17-9.19 白馬三山縦走 day3 白馬鑓温泉-猿倉_b0219778_18184962.jpg

唯一の開ける場所に出た。本来ならば白馬三山が一望できるのだろうが、この日は雲がかかっていた。
2011.9.17-9.19 白馬三山縦走 day3 白馬鑓温泉-猿倉_b0219778_1819729.jpg

ザックを降ろして休憩するオスプレーの2人を再び先行し、先を急ぐ。

来たことない道は時間読めないので中々気が抜けない。
道が良くなって来ると走ったり。しかし普段トレランなんてやろうと思わないが、バス時間が迫るといつも走れる。膝や前ももをグラグラにしながら。こんな感じのところは走った。登山靴で。
2011.9.17-9.19 白馬三山縦走 day3 白馬鑓温泉-猿倉_b0219778_18203427.jpg

鑓温泉に向かう対向者がちらほら増えてくる。残り30分を切った頃、登ってくるオジサンに「猿倉からどの位歩きました?」と聞くと「15分くらいだね。」と。確実に間に合うのでペースを落とす。
2011.9.17-9.19 白馬三山縦走 day3 白馬鑓温泉-猿倉_b0219778_18211663.jpg

猿倉到着は7:25。ゴールのコーラを飲み干す。(嫁はビール…。)

オスプレーの2人も追って到着。この頃からタクシーの勧誘が始まる。「今日バス無いんでないかい?4人で乗ってかない?」と強引にバスが無いことにされたり。「無かったら頼むわ。」と適当にかわしバス停に向かうと、7:42のバスはある。しかし運行日が本日は対象外。

結局、オスプレーカップルとあいのりで白馬駅に向かう。途中駅近くの日帰り温泉を尋ねると割引券と共に白馬ロイヤルホテルを紹介してくれた。オスプレーの2人も賛同し、駅徒歩5分の温泉に向かう。
2011.9.17-9.19 白馬三山縦走 day3 白馬鑓温泉-猿倉_b0219778_1823564.jpg


温泉は我々の貸切状態。広く開放感のあるぬる目の柔らかい湯の露天に小一時間浸った。文句なし。
2011.9.17-9.19 白馬三山縦走 day3 白馬鑓温泉-猿倉_b0219778_18232164.jpg


ここで、オスプレー男子(イケメン)と言葉を交わす。山をはじめて3年という彼は連休の度に東京から北アルプスを中心に月2回以上のペースで来ているらしい。印象に残る山旅を尋ねると、室堂から笠ヶ岳を4泊5日でしたらしい。そりゃ歩くの早いわ。しかもタフ。北アルプスに来るといろんな人がいるね。

松本まで大糸線で2時間。連休最終日で指定は取れなかったので、12:00ちょうどのあずさ自由席(始発)で多大なる筋肉痛をおみやげに帰りました。
2011.9.17-9.19 白馬三山縦走 day3 白馬鑓温泉-猿倉_b0219778_1823481.jpg


今回初使用のアイテムとして、ファイントラックのスキンメッシュ。汗戻りしないというのが売りのコイツは使える。汗冷えはするものの肌に直接ヒヤッとした感覚はなく臭わない。キャプリーン1との組合せは抜群に良かった。

あと、タンスの肥やしだったGOLITEのSPEED PackはリッジレストINで8kg台だと快適に軽快に背負える。夏場のシャングリラ1使用時は間違いなく多用することになるだろう。
高山の稜線でのシャン1は未知数なんだよなぁ。

おしまい。

by takemicchy | 2011-09-25 18:36 |  白馬 | Comments(0)


<< 2011.9.24-25 尾瀬...      2011.9.17-9.19 ... >>