人気ブログランキング |

登ったり、漕いだり。

hikepedal.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 12日

2011.11.3-5 奥秩父主脈縦走 ~2泊3日でスルーハイクは可能か?~ day3

「2泊3日で奥多摩駅に帰ってこれんのか?」
2011.11.3-5 奥秩父主脈縦走 ~2泊3日でスルーハイクは可能か?~ day3_b0219778_005457.jpg

いずれにせよ、奥多摩駅に着けばいいのだよ。まだ可能じゃないか?
バスに乗っちゃいけないなんて誰が言ったんだ?

写真はサオウラ峠に近いミサカ尾根。フカフカの落ち葉の道。



5:00過ぎ起床。結露は中も外もぐっしょり。昨日は終始晴天かつ、土のテン場ゆえ当然だが、撤収に時間がかかる。

今日の行程は昨日たどり着けなかった将監小屋から飛龍権現を通り、ミサカ尾根経由で丹波に下りる。丹波始発のバスで奥多摩駅へ見事到着だ。未達成感は既にあるし反省や次回への対策なんかも考えている。でも今日一日歩いて丹波に降りて達成感味わいたいんだ。

丹波までのCTは8:50。下山するのみというには立派に長い行動時間だ。確か最終バスは18:30くらいにあったはず。日没までに下りれば問題ない。のんびり行こう。

すっかり明るくなった6:20出発。
2011.11.3-5 奥秩父主脈縦走 ~2泊3日でスルーハイクは可能か?~ day3_b0219778_10272662.jpg

笠取小屋。小屋としては小さい方か。このテン場はフラットでやわらかく綺麗で気持ちよかった。水もおいしいし。
2011.11.3-5 奥秩父主脈縦走 ~2泊3日でスルーハイクは可能か?~ day3_b0219778_1030919.jpg


朝日の注ぐフカフカの歩きやすいトレイルを行く。2日間で疲れ切った足腰膝にはやさしくうれしい道。
2011.11.3-5 奥秩父主脈縦走 ~2泊3日でスルーハイクは可能か?~ day3_b0219778_11303550.jpg
2011.11.3-5 奥秩父主脈縦走 ~2泊3日でスルーハイクは可能か?~ day3_b0219778_11315536.jpg

朝は少し冷え込んだのでフーディニを着てスタート。ゆっくり歩いているので汗もかかず快適な森歩きだ。
2011.11.3-5 奥秩父主脈縦走 ~2泊3日でスルーハイクは可能か?~ day3_b0219778_11322376.jpg
2011.11.3-5 奥秩父主脈縦走 ~2泊3日でスルーハイクは可能か?~ day3_b0219778_11495781.jpg

1時間弱で黒えんじゅ。その間カロリーメイトを補給した。
2011.11.3-5 奥秩父主脈縦走 ~2泊3日でスルーハイクは可能か?~ day3_b0219778_11521946.jpg

途中急激にペースが上がらなくなった。ちょっと開けたところの切り株に座ってランチパックを補給。即食性があり幾分満足感がでるランチパックはありがたい。しかし重いものを持ち続けていることも意味する。(※何せ僕のザックには出発時にランチパック含む菓子パンが8個も入っていた。)
2011.11.3-5 奥秩父主脈縦走 ~2泊3日でスルーハイクは可能か?~ day3_b0219778_11533270.jpg

沢を何箇所か、橋も何箇所か通過した。一部崩落気味のところもあったが特段危険というわけでもない。
2011.11.3-5 奥秩父主脈縦走 ~2泊3日でスルーハイクは可能か?~ day3_b0219778_14415115.jpg

将監峠近くなると、開放感のある笹のトレイルになる。
2011.11.3-5 奥秩父主脈縦走 ~2泊3日でスルーハイクは可能か?~ day3_b0219778_1444477.jpg

2011.11.3-5 奥秩父主脈縦走 ~2泊3日でスルーハイクは可能か?~ day3_b0219778_14453248.jpg

2011.11.3-5 奥秩父主脈縦走 ~2泊3日でスルーハイクは可能か?~ day3_b0219778_14465580.jpg

2011.11.3-5 奥秩父主脈縦走 ~2泊3日でスルーハイクは可能か?~ day3_b0219778_14471376.jpg

将監峠到着。9:20ということはちょうど3時間。ゆっくり歩いた感触だったがそれでもCT通り。本来このペースで歩けたら、もっとゆっくり山を楽しめるのだと思う。
それにしても気持ちのいい場所だ。
2011.11.3-5 奥秩父主脈縦走 ~2泊3日でスルーハイクは可能か?~ day3_b0219778_14544694.jpg

将監小屋もさぞかし気持ちいいに違いないが見に行くのにわざわざ下るのがもったいないのでスルーした。水は飛龍手前の水場で補給しよう。

その後、行動食の一口サイズの餅なんかをつまみながらも再び急激にペースが落ちる。足腰膝の疲労もあるがハンガーノック的な感じ。残念な写真を撮られていた。完全にやられている。
2011.11.3-5 奥秩父主脈縦走 ~2泊3日でスルーハイクは可能か?~ day3_b0219778_14585963.jpg


POWER BARと残りのランチパックを摂取。今度こそ復活したか。
飛龍権現への登り。おそらく今日最後の登りなので頑張る。
2011.11.3-5 奥秩父主脈縦走 ~2泊3日でスルーハイクは可能か?~ day3_b0219778_153737.jpg


途中の水場で補給をする予定だった。水は残り1L(1人500ml)。CT上はあと4:30程度で、コーヒーとあんパンでの休憩をしたいので1L追加しときたい。しかし、水場はご覧の通り枯れている。この時期はこういうことがあるんだった。。。面倒くさくても小屋で補給するんだったな。
2011.11.3-5 奥秩父主脈縦走 ~2泊3日でスルーハイクは可能か?~ day3_b0219778_1592641.jpg

飛龍権現から前飛龍へは一部ワイルドな稜線を行く。こういうの僕は怖いので好きではないが、嫁は面白かったと言っていた。女子の方が度強あるのかな。
2011.11.3-5 奥秩父主脈縦走 ~2泊3日でスルーハイクは可能か?~ day3_b0219778_1514876.jpg

前飛龍手前の岩場をのぼると、再びの富士見ポイント。
2011.11.3-5 奥秩父主脈縦走 ~2泊3日でスルーハイクは可能か?~ day3_b0219778_1518712.jpg

奥秩父奥多摩の山々も。石尾根歩きたかったなぁ。。。
2011.11.3-5 奥秩父主脈縦走 ~2泊3日でスルーハイクは可能か?~ day3_b0219778_15214255.jpg

前飛龍からミサカ尾根の下りは急坂の岩場の下り。今日一番怖かった。そして膝にキタ。
熊倉山山頂だろうか。誰が架けたか看板には「前進するのをおそれるな」と。わかったよ。
2011.11.3-5 奥秩父主脈縦走 ~2泊3日でスルーハイクは可能か?~ day3_b0219778_1529863.jpg

進むと気持ちいい秋の奥多摩の光景が待っていた。
2011.11.3-5 奥秩父主脈縦走 ~2泊3日でスルーハイクは可能か?~ day3_b0219778_15304989.jpg
2011.11.3-5 奥秩父主脈縦走 ~2泊3日でスルーハイクは可能か?~ day3_b0219778_1531010.jpg

写真を撮ってみたり。
2011.11.3-5 奥秩父主脈縦走 ~2泊3日でスルーハイクは可能か?~ day3_b0219778_15313626.jpg

2011.11.3-5 奥秩父主脈縦走 ~2泊3日でスルーハイクは可能か?~ day3_b0219778_15321090.jpg
2011.11.3-5 奥秩父主脈縦走 ~2泊3日でスルーハイクは可能か?~ day3_b0219778_15323566.jpg
2011.11.3-5 奥秩父主脈縦走 ~2泊3日でスルーハイクは可能か?~ day3_b0219778_15324677.jpg


疲労困憊でスピードハイク不可能なので必然的にゆっくり歩きながら、14:00丁度にサオウラ峠到着。ミサカ尾根後半はトレランとかに適している道なのだがね。まぁ、トレランやったことないけどさ。
2011.11.3-5 奥秩父主脈縦走 ~2泊3日でスルーハイクは可能か?~ day3_b0219778_15344140.jpg
2011.11.3-5 奥秩父主脈縦走 ~2泊3日でスルーハイクは可能か?~ day3_b0219778_1534563.jpg

ここで最後のあんパン休憩。しながら思った。今日は土曜日なのに2組としかすれ違っていない。紅葉ど真ん中とまではいかないが、奥多摩のいい時期である。人出の少なさは奥多摩最深部だからなのか。それとも何か人が山に来ない理由があるのか(熊とか雨とか)。前者なら嬉しい発見だし、後者ならヤバいよね。

ここからは完全に下山である。コースは2択。天平尾根を経て丹波山温泉へ下りるか、直接丹波に下りるか。かの有名な天平尾根を経て丹波山温泉につかってすっきりってのは最高だろう。でも今尾根を歩いて気持ちいいって言える段階は超えている。温泉は惹かれるが、いち早く「コーラ&ビール&焼肉」が食べたいのだ。この2時間はずーっとそれを考えていた。

直接、丹波に下りるべくやや色づいた急な九十九折りの尾根を下りる。明らかに膝の痛みとの戦いだが最後の力を振りしぼって下りる。今後ザックにオオゼキのビニ袋(ゴミ用)をぶら下げるのは止めよう(成城石井だったらいいいのか?)。危険というよりも格好悪い。。。今回は殆ど人に合わなかったから敢えて気にしなかったけど。
2011.11.3-5 奥秩父主脈縦走 ~2泊3日でスルーハイクは可能か?~ day3_b0219778_1550616.jpg

人の臭いのするところへ戻ってきた。タイヤが高く組まれているのは熊対策だろう。位置関係としては我々もこの時点では熊側にいる。
2011.11.3-5 奥秩父主脈縦走 ~2泊3日でスルーハイクは可能か?~ day3_b0219778_15543114.jpg

丹波で農作業に勤しむおじいちゃんに通り掛かりに挨拶すると、「雨降る時間遅くなってよかったなー」と。今日って雨降るんだっけ?PMが雨の予報だったようだ。人出が少ないのも納得。

丹波バス停到着は15:50。バス時刻を見ると14:20にある。丹波山温泉を目指そうと思うもバス出発時刻にフィットした時間に到着できたので、近所の店でビールとCCレモンを飲みつつバスで帰ってしまうことに。GATZBYでガッシリ拭きましたよ。
バスに乗り30分。鴨沢を過ぎたあたりから雨が降り出す。我々が見ていた天気予報は2日前の朝のものだ。途中確認はしていない。雨が降らないことを信じて天候CHECKはしなかったし、する手段を持っていなかった。ラジオくらい持ったほうがいいのかな?と一瞬思うもそんな余計なものは持たんなと確信。

帰宅後、近所のそれなりの焼肉屋で肉を貪りビールで酔っ払って爆睡しました。

おしまい。(以下に反省)

今回のロングトレイルを踏破出来なかった反省は以下3点。

1)それに足る日々の体力作り
2日目、笠取小屋に留まろうと言い出したのは旦那だった。嫁は行けると言っていた(恥)。
3日目、常に嫁の方がペースが早かった(恥)。そして「鍛錬が必要だ」と言われた(恥)。
その差は、嫁の日々の走るコースは4.5km、旦那の走るコースは2km。スポーツ経験のない嫁にアメフト選手だった旦那が負けるわけはないという過信は通じなくなった瞬間だった。日々の生活で「ウサギとカメ」現象が発生していたのだ。旦那は距離を伸ばすことを決めた。そしてトレラン的な事を出来るように。

2)長い距離を歩ける軽い装備
①今回は時期的に夜中マイナス温度帯を想定した装備で臨んだ(BWは7.5kgに留めたつもり)。加えて水を1-2L常に背負わねばならず初日のPWは12kg強となった。冬装備と思えばそんなに無駄はなかったはず。実際に「使わなかったもの」としては雨具を除いて、予備のガス缶1個(200g強)だけだった。(※結果的にこの気温では冬装備は不要だったが。)
②今回の重量的な反省はは2泊3日で「菓子パン・食事パン」を夫婦で11個持ったことだろう。これが無駄だったはず。スピード優先で行きたかったので即食性を求めすぎた。ドライの比率を増やそう。特に尾西の赤飯の比率を増やす。ライトミール系にも挑戦してみよう
③雨具(シェル/パンツ/ザックカバー)(700g)の軽量化を図りたい。それぞれに軽量と謳われているものを使っているが使わないとただの重荷なので、晴れ前提の日はもう少し削る。パンツをSHMWのミニマリストパンツ、ザックカバーをパックライナー(or東京都ゴミ袋)にしてみよう。
④夏シュラフ(モンベル#4)でを秋まで使えるようにシュラフカバーを準備しよう。イメージはタイベック自作的な透湿性に優れる感じのが良い。環境が無いのでタイベック買ってお直し屋さんに持っていこうかな。買うとしたらモンベルのU.L.のやつが現実的だがグッと来ない。(※バッフバフのダウン上下も所持しているが、それ自体重量かさむので冬以外は避ける)
⑤あとはグラウンドシートか。オールウェザーブランケットをAMKシートにしようかな。

3)歩けるに足るエネルギー(食糧)計画
今回はカロリーメイト(お菓子)系の行動食は豊富だったが、腹もちする主食(特に米)が不足した。それによってハンガーノック的症状が頻繁に出た。特に一日目に大弛小屋でうどんを食べていなかったらさらにひどくなっていただろう。経験の無さから生まれたと思う。毎日10時間前後を3日間歩く経験が無く、今までの複数泊縦走(雲ノ平・白馬)は山小屋で昼にしっかり食事が摂れた。米を多めに持ち、主食を兼ねる行動食で補うことにしよう。

そうこうしていると、来年の夏、北アなどの山小屋メシ(軽食含む)の充実している場所の縦走なんてGOLITE IONやBD RPMで2泊3日で4泊5日的なコースを行けてしまうのではないか?いや行くのだよ。

山から帰るとどうして物欲がムクムクと出てくるのでしょう?ポチッとしてしまわないように気をつけないと。

by takemicchy | 2011-11-12 22:29 |  奥秩父 | Comments(4)
Commented by ようよう at 2011-11-14 12:38 x
お疲れ様でした~。
1泊ハイクが多い我が家にとって、奥様と2泊3日ハイクとは夢のようなお話。

フカフカ羽毛布団の寝心地はいかがでしたか?w
やはり縦走記録を読んでしまうと、自分でも歩きたくなってしまいますね。
今度は一緒に体力づくりをしましょう!
Commented by takemicchy at 2011-11-14 21:05
ようようさんご指摘の通り、
パンイチで十分でした(笑)
明らかにオーバースペックの重荷でしたよ…。
早速、土日ともに5kmに伸ばしましたよ。
11月中に10kmの壁超えようと。
あれ?山に行けなくなるぞ?
Commented by AkinoriMurakami at 2011-11-15 12:37 x
どーもお疲れ様でした。
僕もつい先日もまたこの辺を歩いてきましたよ。
将監〜飛竜〜丹波あたりは歩きやすくて気持ちいいですよね。
それとやっぱり禿岩からの展望は最高でした。

僕も反省点をちゃんとあげなきゃなぁ。参考になります。
毎回毎回テキトウに歩いてるので、反省とかトレーニングとか皆無でした。。
Commented by takemicchy at 2011-11-16 20:22
Akinoriさんへ
禿岩、ブログ拝見してたのに疲れていて忘れてました。。。
早く焼肉食べたくて…。
あの辺は確実に再訪したいのでその時には!
反省してみたものの出費が伴うので、今度は物欲を抑えるのに必死ですよ…。


<< montrail Helium...      2011.11.3-5 奥秩父... >>