人気ブログランキング |

登ったり、漕いだり。

hikepedal.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 28日

2012.1.28 中央線Southソロハイク ~低山のFlat&Longな尾根を探しに~

冬は低山のフラットな尾根を静かに長く歩きたい。
そんな場所を探そうと、なんとなく地図を見ていたら、中央線の猿橋・大月の南側が気になったので行ってみた。
2012.1.28 中央線Southソロハイク ~低山のFlat&Longな尾根を探しに~_b0219778_224437.jpg

雪は別に無くていいんだ。。。僕は。それよりサクサク歩ける方が大事なんだ。。。



近郊でFlat&Longな低山で思い浮かぶのは、笹尾根から高尾へ続く道、浅間尾根、金比羅尾根、牛ノ寝通りくらいは思い浮かぶが経験済みである。行ったことのない道を歩きたかった。
(僕の言う冬の低山とは、1,000m前後までである。)
思い浮かばないので探しに行ってみようということで、猿橋駅を起点にその南部を周回するように縦走しようと。
猿橋-御前山-九鬼山-鈴ヶ音峠-猿橋。CT9:00程度のコース。ただ雪や想定外の悪条件(アップダウンとか気持ちが萎えるとか…。)の場合は、エスケープ可能なルートだ。

中央線猿橋駅から登山口まで10分ほど舗装路を行くと既に歩道でプチラッセル(笑。
2012.1.28 中央線Southソロハイク ~低山のFlat&Longな尾根を探しに~_b0219778_20522243.jpg

登山口が現れる。既に足首までの雪なので、人生初めてのゲイター(Rab Latok Mid Gaiter)を難なく装着し、7:30登山開始。
2012.1.28 中央線Southソロハイク ~低山のFlat&Longな尾根を探しに~_b0219778_20524129.jpg
2012.1.28 中央線Southソロハイク ~低山のFlat&Longな尾根を探しに~_b0219778_20541533.jpg


直後に鈍い雷のような音とともに、激しい地面の縦揺れデカイの一発。何だかわからなかったので先に進んだ。ここは登山口と言えど駅から近いこと含め、町内放送が入り何か言っているが、地下トンネルの工事か何かの連絡だろうと。なんて不感症なんだ…。

初っ端から踏み跡が薄く、笹をかき分けて進む。積雪のせいもあるがメジャールートでは無いのかも。あくまで奥多摩の主稜線と比べてだが。
2012.1.28 中央線Southソロハイク ~低山のFlat&Longな尾根を探しに~_b0219778_20575218.jpg


ここで2度目の揺れ。体が浮くかと思った。さすがに地震を疑う。確信が持てないのは東京で感じたような長い横揺れは全くなく、大きな縦揺れがい1発であること。またも町内放送が入っているので耳を澄ますと「震度5弱」と言っている。自分の知っている地震とタイプが違うことと震度5弱ということにやや先へ進む意欲を失いかける。。。

けれども、せっかく来たので進みますかということで、20分程で稜線に出る。しっかり雪が付いている。
2012.1.28 中央線Southソロハイク ~低山のFlat&Longな尾根を探しに~_b0219778_2152085.jpg

獣の足跡以外に先行者はいない。5㎝くらいなのでラッセルではないが足場が不安定なので慎重に歩を進める。この時点で今日の計画の完遂は無理と感じていた。
2012.1.28 中央線Southソロハイク ~低山のFlat&Longな尾根を探しに~_b0219778_2172420.jpg


結構、ヤブや枝が引っ掛かり厄介な場所もあり、それもスピードが上がらない一因でもあった。
2012.1.28 中央線Southソロハイク ~低山のFlat&Longな尾根を探しに~_b0219778_2194214.jpg

露岩の山頂で眺望良しとある御前山山頂へ。確かに富士見の良い山頂。
2012.1.28 中央線Southソロハイク ~低山のFlat&Longな尾根を探しに~_b0219778_21111272.jpg

まだ9時前だが、すじこおにぎりを家にあったサーモスに入れた白湯で流し込む。
冬はお湯を持ち歩くのが便利だ。
2012.1.28 中央線Southソロハイク ~低山のFlat&Longな尾根を探しに~_b0219778_2113697.jpg

後続のソロ男性がやってきた。MEのウェアにクレッタルムーセンを背負ってお洒落でしかもめちゃめちゃカッコイイ。僕とは作りが違う。モデルさんだろうか?地震の話や山の話をしつつも、Expedの見たことないポールなどが気になっていた。(後に九鬼山で会った際に某アウトドアアパレルの方だとわかった。)

先へ。所々植林された尾根を進む。誰もいないが、車や電車の音は時に聞こえてくる。僕からするとわざわざ遠くへ来た感があるが、この辺の人にとっては、ここは裏山なんだろう。
2012.1.28 中央線Southソロハイク ~低山のFlat&Longな尾根を探しに~_b0219778_22141498.jpg

九鬼山を目指す。看板のトーンがちょっと怖かった。
2012.1.28 中央線Southソロハイク ~低山のFlat&Longな尾根を探しに~_b0219778_22192266.jpg

鉄塔の骸骨をすぎると、
2012.1.28 中央線Southソロハイク ~低山のFlat&Longな尾根を探しに~_b0219778_22204013.jpg

冒頭の写真の魅力的なフラットがあらわれた。ここは「紺屋の休場(今夜の休場?)」今日じゃないけどね。(メモ:10張弱)
2012.1.28 中央線Southソロハイク ~低山のFlat&Longな尾根を探しに~_b0219778_2222142.jpg

この辺から1-2日前のものと推測される踏み跡がある。しばしのトラバース。
2012.1.28 中央線Southソロハイク ~低山のFlat&Longな尾根を探しに~_b0219778_22265492.jpg

地図にはザレ場とある。踏み跡なかったら厳しかったと思う。
2012.1.28 中央線Southソロハイク ~低山のFlat&Longな尾根を探しに~_b0219778_2229423.jpg

九鬼山山頂へ向け日の当たる東斜面を行く。
2012.1.28 中央線Southソロハイク ~低山のFlat&Longな尾根を探しに~_b0219778_22305154.jpg

九鬼山山頂。大菩薩・小金沢連嶺南部を見渡せる。禾生駅から2時間かからず登れるので山頂には絶えず4-5人居る感じ。
2012.1.28 中央線Southソロハイク ~低山のFlat&Longな尾根を探しに~_b0219778_2235151.jpg

先日行った白谷丸はど真ん中に見える積雪部だろう。先日とはえらい違いだ。
そこから左に見る滝子山へ続く稜線歩きは爽快だろう。春に大菩薩から一気に縦走しよう。
こう見ると大菩薩も大月の裏山なんだね。
2012.1.28 中央線Southソロハイク ~低山のFlat&Longな尾根を探しに~_b0219778_22385813.jpg

あとは禾生駅に下るのみ。緩やかそうな杉山新道を選択。CT9:00の周回コースはあきらめ、残りのルートは春に高畑山、倉岳山と合わせて距離を伸ばして再挑戦とする。
2012.1.28 中央線Southソロハイク ~低山のFlat&Longな尾根を探しに~_b0219778_22453685.jpg

雪の状態がよく、安心してガッツリ体重をかけながらゲレンデを走るように下れる。しばしスピードハイクに変更。
2012.1.28 中央線Southソロハイク ~低山のFlat&Longな尾根を探しに~_b0219778_22473495.jpg

下山後、明治40年に作られた橋を抜け、禾生駅へ。
2012.1.28 中央線Southソロハイク ~低山のFlat&Longな尾根を探しに~_b0219778_22533378.jpg
2012.1.28 中央線Southソロハイク ~低山のFlat&Longな尾根を探しに~_b0219778_2253435.jpg


結果的にCT5:40のコースをほぼオンタイム。

結論、求めていたFlat&Longでは無かった。きっとこのルートは雪なしだと平凡で飽きていたかも。雪というイベントがあったから楽しめたという印象。
今日会ったイケメンお兄さんとFlat&Longで人の少ない尾根の話をするなかで、北高尾を指し“落ち着いているがB級な感じ”と教えてくれた。B級の意味を尋ねるとチョコチョコ登って下らされる尾根のことを指すと。わかるわかる!じゃあ、今日の前半はB級ですよね!と共有。
だとすると僕の探しているFlat&Long=A級=人気となるわけか。難しい。。。

今回はSmartwoolのSoprisLinerとORのインナーグローブを重ねてみた。停滞時にも冷えず、冬場のデイハイクにはすこぶる調子いい。
2012.1.28 中央線Southソロハイク ~低山のFlat&Longな尾根を探しに~_b0219778_2325620.jpg


by takemicchy | 2012-01-28 23:22 |  関東近郊 | Comments(8)
Commented by LEE Murakami at 2012-01-31 17:49 x
紺屋の休場ですか、なんか良さそうですね。
今度行ってみます。

「Flat & Long 探求の旅」頑張って下さいね。
そしてよいFlat & Long情報を教えて下さい。
期待してまーす
Commented by takemicchy at 2012-01-31 23:11
LEEさん

旅は続く。ですよ。
「Flat & Long 探求の旅」って本書きますか!
ニッチながら需要ありそうですよ!
「今日もダメだった。でも明日はきっと。」で毎回終わり、
延々と続くんです。2巻、3巻へと続き、第13章まで。
そんなんで食べていくのが夢です。
Commented by 酔いどれ係長 at 2012-02-01 07:33 x
自分がこの日いた山は震源から少し離れていたので
揺れは大きくなかったのですが地鳴りがすごくて、
また、ちょうどいた場所が谷あいの登山道だったので
恐怖倍増でありました。
とにかくお互い何ごともなくてよかったですね。

自分は高いピークらの眺めも大好きだし
フラットな道をトボトボ歩くのも大好きな欲張りものなので
「Flat & Long 探求の旅」の続きを楽しみにしてます!
Commented by ヒッキー at 2012-02-01 19:07 x
ご無沙汰しております。
最新号GO OUT”立ち読みしていたら、あれtakemicchyさん ご本人ですよね?
GO-LITEの黒シャツ僕も似たようなやつ持っていたので。妙に嬉しくなりました!
Commented by yusuke at 2012-02-01 21:24 x
僕だったら帰っちゃいますよ。あの地震...
無事で何よりです。
Commented by takemicchy at 2012-02-01 23:42
酔いどれ係長さん

確かに、谷あいに居たら恐ろしいですね。。
ホント無事で良かったですね。

究極の理想は、フラット歩きの中に眺望が得られることですけどね。
あぁ、夏の北アルプスが恋しいです。


ヒッキ―さん

そうなんですよ。お恥ずかしながら。。。不意に。。。
山もチャリも似たような装備で行けちゃうんですよね。
でもユニクロのヒートテックは記載不可なんですって(笑。


yusukeさん

僕も帰るに傾いたんですけど、
「せっかく来たんだし」っていう貧乏性的な前進でした。
後半は意外に人がいて拍子抜けしました。。。
Commented by boo at 2012-02-02 14:19 x
>最新号GO OUT”立ち読みしていたら
え? え! なになに!?
Commented by ヒッキー at 2012-02-02 20:29 x
そんな謙遜なさらずに。
聞いた話だと撮影されてもボツになるケースも多々あるようなので。
やっぱり凄いと思います!(キッパリ)


<< 2012.2.11 奥武蔵 伊...      2012.1.8 大菩薩連嶺S... >>