人気ブログランキング |

登ったり、漕いだり。

hikepedal.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 02日

2012.4.1 石尾根を下るデイハイク

石尾根を下り奥多摩駅に着くってのをしたい。登るのは浅間尾根からにしよう。
と嫁が言っていたので行ってみることに。CT8時間の道程。
2012.4.1 石尾根を下るデイハイク_b0219778_21105177.jpg

写真は、鷹ノ巣山直下の石尾根から大菩薩方面を望む。



7:55発の峰谷行き。峰谷まで乗ったのは4人。今日も静かな山になりそうだ。
峰谷到着は8:35。奥集落を過ぎ、浅間神社を超えて登る。
2012.4.1 石尾根を下るデイハイク_b0219778_2117201.jpg

嫁が「あそこの木の生えていない平坦な稜線は何?」と聞くので、「あそこが例の聖地さ」と答えておいた。
2012.4.1 石尾根を下るデイハイク_b0219778_21191640.jpg

1,500m頃からだろうか、凍結を伴う雪が残っていた。進むのに難儀した。何せチェーンスパイクを忘れている。
同時にこの先大丈夫かなってちょっと心配にも。
2012.4.1 石尾根を下るデイハイク_b0219778_2121405.jpg
2012.4.1 石尾根を下るデイハイク_b0219778_21215453.jpg

鷹ノ巣避難小屋下の水場は十分流れていた。
避難小屋前のベンチで昼食と思っていたが、ここまで1人としか会っていないので、きっと鷹ノ巣山頂も今日は比較的空いているだろうと見込みをつけ、見晴らしの良い山頂でゆっくりすべくここはスルー。
2012.4.1 石尾根を下るデイハイク_b0219778_21302152.jpg

山頂へ向けてもうひと登り。緩斜面には雪が残っている。
2012.4.1 石尾根を下るデイハイク_b0219778_21402158.jpg
2012.4.1 石尾根を下るデイハイク_b0219778_21404092.jpg

雲取~奥秩父方面を見渡す。去年の11月に歩いた稜線だ。本来ならば3日目にはここを歩いていたかったなぁ。
2012.4.1 石尾根を下るデイハイク_b0219778_21421698.jpg


山頂は日当たり良くポカポカするが、強めの風が吹いたときは体温が奪われるので、パンと無印バウムをコーヒーで流し込むスピード重視の昼食。湯をサーモスに入れて持ってきているので尚更時短だ。

石尾根を駆け下りる。快晴の下、気持ちよすぎる。鷹ノ巣山直下のほんの10分程度のこの道を楽しむために今日は来た。勢い余ってルートを外れてしまった。でも満喫。本来のトレイルはぬかるんでいたのだ。
2012.4.1 石尾根を下るデイハイク_b0219778_2147710.jpg
2012.4.1 石尾根を下るデイハイク_b0219778_21471892.jpg
2012.4.1 石尾根を下るデイハイク_b0219778_21473466.jpg

引き続き所々雪の残る下り。
2012.4.1 石尾根を下るデイハイク_b0219778_21515576.jpg

今日はストックを持たずにきたので、木の枝がありがたい。ベストの木の枝を探しながら、3度ほど新調した。
2012.4.1 石尾根を下るデイハイク_b0219778_2152281.jpg


六ッ石山の北側を巻く道。斜めってる凍結交じりの雪の道。ホントいやらしい道。スパイク無しを本気で後悔しながら牛歩。
2012.4.1 石尾根を下るデイハイク_b0219778_21552648.jpg


後ろから足音がしてきた。嫁が仙人がやってきたと言っている。振り返ると、落ち着いた灰色のウェアにハットを目深にかぶった男性が近づいていた。シングルストックと比較的ゆとりのあるウェアのサイズ感が、遠目にはたしかに仙人を彷彿させなくもない。

ただ我々も軽装なデイハイクの時はそれなりにスピードには自信がある。仙人と言えども追い付かれたことには軽い驚きだった。しかし追い抜かれることは許してはならないとばかりに傾斜が緩やかになったのをいいことにランに切り替える。ハセツネ30K開催日を記念して。
2012.4.1 石尾根を下るデイハイク_b0219778_2222399.jpg
2012.4.1 石尾根を下るデイハイク_b0219778_2231747.jpg

感覚的には5分×2回程度。完全に引き離したと思ったのもつかの間、また後ろから足音が聞こえる…。
仙人だった。しかも歩いているのだ。僕らは走っているのに…。「ギブ…。」とつぶやきトレイル脇に疎れた。

一眼レフをぶら下げた仙人には程遠い40代と思われる若い男性だった。ペースを変えずにその歩みはゆったりしているように見えるが、歩幅が大きい。しかしカラダは一切ブレずに安定感がある。僕があの歩幅で歩いたら、ヒザが一瞬で壊れる。
やはり仙人だったのだ。
たまに下りでやたらと早いベテランハイカーに出くわすことがある。軽さでも若さでもない何かがあるはずだ。是非その秘訣を聞いて習得みたいものだ。

奥多摩駅着は14:30。CT8時間のところ、6時間は上出来。仙人のおかげ。
山歩き後の夕方に家の近くのお気に入りのラーメン屋で食べたつまみやらラーメンやらが、
2割増しで美味しく感じたいい日曜日だった。

by takemicchy | 2012-04-02 23:49 |  奥多摩 | Comments(5)
Commented by ヒッキー at 2012-04-03 12:31 x
takemichyさん
今回拝見させて戴いて
昨年の鷹ノ巣 思い出しました。
僕も今年からblog始めましたので
記事がストックした暁には
是非遊びに来てください。
若くないので山行だけではありませんが。
追伸:BRのタープmoonlight gearで取り扱い始めましたね
Commented by Akiori at 2012-04-04 22:27 x
やはり石尾根は下るもんですよね。
七ツ石から六ツ石あたりまではドコ歩いても気持ちいいですね。
Commented by takemicchy at 2012-04-05 13:30
ヒッキーさん

ブログ楽しみにしてます~。
雪も少なくなり歩きやすい時期になってきましたね~。

AKINORIさん

石尾根は朝が一番気持ちいいですね。泊まりで行きたいすね。まだ雪融けでぐちゃぐちゃでしたが。
Commented by yama-oson at 2012-04-05 14:19
鷹ノ巣避難小屋の前、話には聞いてましたがめちゃ広いですね。
これはここでテント張りたくなりますよ。
しかし、仙人。きっとタケミチさんが見えないところでワサワサ走ってたり!?
ランと歩きが一緒だなんてすごすぎる!
Commented by takemicchy at 2012-04-05 23:16
osonさん

僕も鷹ノ巣×テントはまだですが、絶対的に安定感ありますね。
これだけ広ければ、ハイシーズン(紅葉)以外は場所には困らなそうですよね。
でも以外。。。鷹ノ巣避難小屋ノ前童貞だったんですね。
仙人もきっと闘志がわいていたはず。だって目の前で抜かそうとしていた夫婦が走り出すわけですから(笑。


<< 2012.4.7 TOKYO桜...      2012.3.18-19 天... >>