人気ブログランキング |

登ったり、漕いだり。

hikepedal.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 18日

2012.11.3-4 長沢背稜 紅葉ハイク day2

朝。晴れ。
並べた4つのバックパック。
2012.11.3-4 長沢背稜 紅葉ハイク day2_b0219778_21333255.jpg

枯れた落ち葉の茶色い山が好きだ。



寒いけど明るいと寒さも和らぐ気がする。
無印バウムをクノールのコーンスープで流しこむ。
2012.11.3-4 長沢背稜 紅葉ハイク day2_b0219778_21303561.jpg

SixMoonDesignsのLunarSoloはフルクローズにはちょっと寸足らずで風通しがよいため、
11月は寒いかなと思ったが、十分暖かく寝られた。シェルターがどうこうよりも寝具のせいだと思うが。
だってタープだったら全開だもんね。それにしてもこの設営の容易さは特筆すべき。
シャン1よりもタープよりも簡単。フロアの大きさに引っ張って2箇所をペグダウンし、ポールを立てて1箇所ペグダウン。これでカタチは迷わず決まる。後は3ヶ所を留める程度に適当にペ刺しておくだけ。
650gでフロア幅120cmは広いし。前夜は風が強かったらしいが、耳栓していたこと含め全く気づかなかった。
風にも強いってことだろう。北岳も蝶ヶ岳も大天井もこれで行けたしね。
これで入り口部分がフルクローズに足る丈があれば、冬も含め年中使えるだろうに。

寒さでお湯がなかなか沸かなかった。
前夜にジェットボイルの速攻沸騰を目の当たりにしているだけに、じれったい感じ。
買いたいリスト入りも、いい値段に怯むなぁ…。

下山ルートはタワ尾根。今年から破線ルートらしい。嫁と2人じゃ心もとなく絶対行かないが、
お誘いにノリで応える。あの鳥の看板あるとこだよね。
2012.11.3-4 長沢背稜 紅葉ハイク day2_b0219778_2222678.png

朝日を浴びた朝の道を行く。晴れた山の朝はいい。
アップダウンの少ない落ち葉の道。たまらない。石尾根や昨日通った芋ノ木ドッケを振り返る。
2012.11.3-4 長沢背稜 紅葉ハイク day2_b0219778_22263357.jpg

そして長沢背稜のこのセクションはたまらない。
2012.11.3-4 長沢背稜 紅葉ハイク day2_b0219778_22303310.jpg


滝谷の峰ヘリポートからは富士の頭がくっきり見える。きっと石尾根からは富士山が全開だったのだろう。
混雑していららしいが、この富士が全開で見られたのならいいね。
2012.11.3-4 長沢背稜 紅葉ハイク day2_b0219778_22384577.jpg

北側からは雪をかぶった北アらしい稜線も見えた。空気の澄んだいい季節になってきた。
2012.11.3-4 長沢背稜 紅葉ハイク day2_b0219778_22392079.jpg

滝谷の峰から、タワ尾根に入る。ここからが破線ルート。
2012.11.3-4 長沢背稜 紅葉ハイク day2_b0219778_22433412.jpg

道標もDIY的な感じ。「ウトウの頭」のウトウって何だろうか。。。
2012.11.3-4 長沢背稜 紅葉ハイク day2_b0219778_22491055.jpg

モノレール沿いに下ると、どうやらモーターの音が近づいてくる。
そういえば、ヘリが飛んで行ってたっけ。今日は何かの日なんだろうか?
2012.11.3-4 長沢背稜 紅葉ハイク day2_b0219778_22495467.jpg

猟銃を持ったおおらかな雰囲気のおっちゃんが3人乗り+荷台の車両に乗ってやってきた。
今日は猟の日らしく、先行したヘリに乗ったハンターが悪天候などで帰られなくなった場合、
このモノレールで帰るらしい。獲物なんかも載せて帰るんだろうね。
2012.11.3-4 長沢背稜 紅葉ハイク day2_b0219778_22531185.jpg

ウトウの頭までは、急降下&急登。なかなか鳥の看板はあらわれない。
モノレールを逸れてからはルートを見つけにくくなる。とあるピークが見えたが、
急登だったため、巻き道を選択し迷いこんでしまう。。。1回目のルートロスト。
道なき道をやや難儀しながらトラバース・直登した。
2012.11.3-4 長沢背稜 紅葉ハイク day2_b0219778_2371133.jpg

復帰したのはウトウの頭の先。見たかった看板をピンポイントで迂回しただけだった。。。

1,500m前後ではちょいちょい紅葉が良く、何度も足を止める。
2012.11.3-4 長沢背稜 紅葉ハイク day2_b0219778_23175416.jpg

帽子に付ける枝葉を探す。栗はちょっと違うみたいだ。
2012.11.3-4 長沢背稜 紅葉ハイク day2_b0219778_23202688.jpg

黄と赤の落ち葉はフィットする。これが正解。
2012.11.3-4 長沢背稜 紅葉ハイク day2_b0219778_23212128.jpg

この道標を見落とし、直進してしまい、2度目のルートロスト。
落ち葉の道はややこしい。というより先頭を行っていた僕らの注意散漫。
間違えやすいところにこそ、道標が存在するのね。確かにここでは直進する尾根のほうが立派なのだ。
2012.11.3-4 長沢背稜 紅葉ハイク day2_b0219778_23255955.jpg

おかしいなと思ったら都度確認する習慣をつけよう。。。そして引き返そう。。。
何だかんだで2度のルートロストで1時間程度はロスした。。。ごめんなさい。

初めての破線ルート。いつも整備された道を迷わずサクサク歩いている僕ら夫婦は、
かなり注意散漫で歩いていることに気付く。
今すぐできることとして、以下3点は心がけよう。
1.丁寧にリボンと道標と踏み跡を見る習慣をつける。
2.目指している方角と進行方向の方角を認識する。
3.間違えたらトラバースしようとせず、早めに来た道を戻る。
あとはiphone-GPSの積極利用と、破線ルートを歩かないことだな(笑。。。
周りの尾根を見て自分の位置・方向を俯瞰出来るのにはちと時間がかかりそう。。。

「これ、テープね」って。僕らが見落としそうなテープを次々に教えてくれるジャキさん。
2012.11.3-4 長沢背稜 紅葉ハイク day2_b0219778_2341377.jpg

緑と紅葉MIXが綺麗なもんで。
2012.11.3-4 長沢背稜 紅葉ハイク day2_b0219778_23394812.jpg

でもって1,200mくらいの金袋山あたりは、まだ緑で。
2012.11.3-4 長沢背稜 紅葉ハイク day2_b0219778_23482845.jpg

最後はやっぱり奥多摩らしい急な下りで膝が笑った後に林道を歩いて東日原へ。
2012.11.3-4 長沢背稜 紅葉ハイク day2_b0219778_23553264.jpg

タクシー→温泉→こうらくの肉天定食。ジャキさんのおすすめコースを堪能。
温泉サイコー!

遊んだ土日だった。そして今シーズンのベストハイクのひとつだった。
雪が降る前にもう一度行ってしまいそうなくらい気に入った。

夫婦2人で行くマイペースなハイクも良いが、みんなで行くのも楽しいとあらためて感じた。
いつもと違う刺激って良い。楽しかった。
ジャキさん、ユカさん、ありがとう!


メモ:バッフバフのダウンパンツ、象足、ジェットボイル、腕以上に上手に撮れるコンデジ

by takemicchy | 2012-11-18 01:04 |  奥多摩 | Comments(0)


<< 冬場のテント泊にポジティブにな...      2012.11.3-4 長沢背... >>