人気ブログランキング |

登ったり、漕いだり。

hikepedal.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 14日

2013.1.13 高尾山口-陣馬高原下 トレラン事始め

トレラン事始め。
初めてのコースに選んだのは高尾山口-陣馬高原下の約18km。
2013.1.13 高尾山口-陣馬高原下 トレラン事始め_b0219778_12223310.jpg

限られた日程の中で、少しでも長く遠くまで自然の中を旅したい。
その手段の一つがU.L.ハイキングであると思って実践してきた。
加えて、ランとかジョグとかを織り交ぜられたら、もっと長い距離を旅できるだろうと。

そんな第一歩。



冬場の低山遊びにハイキングの延長として始めてみることに。
走っても汗のかきにくいこの時期は始めるのにもってこいの時期。
だって夏場だったら汗だくだくで嫌になっちゃうから。

以前からハイキング中にちょいちょい走ってみていた。
普段も体調維持のため、近所のアスファルトを週2回くらい4km程度をだらだらとジョグしていた。
トレイルの土の上の方が走りやすいことに気付いていた。
レースとかストイックなのじゃなければ、U.L.ハイキングとの装備の共通性もあるので、
新たに揃えるものは少なかったことも後押しした。
昨夏に立山で遭遇したTJARもきっかけのひとつ。

高尾山口を9:30頃スタート。3連休中日の晴天となれば混雑ハンパないので、
走る気はなかったが自ずと混雑を抜けるために6号路へ向け走り、登山道へ入り早歩きで登る。
高尾山手前でおにぎりを食べ、傾斜が緩やかになってきたのでラン開始。
ジェルでも何でもなく、行動食はおにぎり3個を歩きながら食べる予定。
2013.1.13 高尾山口-陣馬高原下 トレラン事始め_b0219778_1247194.jpg

城山手前からの富士もきれいに見えた。
2013.1.13 高尾山口-陣馬高原下 トレラン事始め_b0219778_12494170.jpg

フラットなトレイルを走るのは楽しすぎる。どんどん進める。
小仏峠を超えた巻き道は誰もいなくて不安になるくらい。
2013.1.13 高尾山口-陣馬高原下 トレラン事始め_b0219778_12542752.jpg

案の定、ルートロスト。看板ないところで安易に巻くもんじゃない。
でも林業用らしき赤テープも青テープもあり、等高線に沿う感じに進んでいたので突き抜けることに。
2013.1.13 高尾山口-陣馬高原下 トレラン事始め_b0219778_12565222.png

明るく緩い尾根を登り返し、登山道復帰。
2013.1.13 高尾山口-陣馬高原下 トレラン事始め_b0219778_1255921.jpg

やっぱり登山道のほうが走りやすい。
2013.1.13 高尾山口-陣馬高原下 トレラン事始め_b0219778_12595251.jpg

さすがは高尾-陣馬。ここまで20人くらいのトレランの人とあった。
自分が歩いているときに走っている人を見かけると、刺激されてついつい走り出してしまう。
どうやら他の人もそのようだ。ランの人はランの人に特別な挨拶をしているようにも感じられた。
たしかに僕もランの人とすれ違う時には、余裕なすまし顔風でより爽やかに挨拶をした。
もともとアクが強いので爽やかさだけはどうにも演出できないが。。。

初めてのトレラン装備は、ウエストパック以外はいつものハイキングの延長。
2013.1.13 高尾山口-陣馬高原下 トレラン事始め_b0219778_1363160.jpg

上半身:パタゴニア キャプリーン4フーディー(+ファイントラックスキンメッシュ半袖)
下半身:パタゴニア ロックガイドカプリ(+サポートタイツ)
頭   :パタゴニア メリノビーニー
手袋  :OR PL100グローブ
靴   :モントレイル ロックリッジ
パック :INOV8 RACE ELITE3 ウエストパック(ボトル付き)
ウィンドシェル:パタゴニア フーディニフルジップJK(使用せず)
食糧  :おにぎり3個

キャプ4フーディーを初導入したが最高。通気性抜群なので、汗かきの僕でも汗をかいても溜まる感じが無く、かといって5度前後の気温では冷えを感じることも無かった。キャプ3よりも汗の乾きが早い気がする。ハイキング含めオールシーズン使うことになるだろう。これによりR1とキャプ3の出番は減りそう。
ちなみに3Lのパックだと移動時のダウンジャケットは収納できず、嫁のバックバックに入れてもらった。

すれ違う他人のウェアや装備を見ていた。やはりハンドボトルを持っているとデキる感があるなぁ。。。
あとは色数を押さえたウェア合わせはデキル感を演出するなぁ。

賑わう陣馬山到着。
2013.1.13 高尾山口-陣馬高原下 トレラン事始め_b0219778_1323563.jpg

高尾-陣馬間には、20代山ガールもたくさんいた。ここにいたか。ただ殆ど男女ペアだったけど。
そういえば、こないだODBOXに行ったときにこんなビラがあった。
35歳以下限定って表現はかなり攻めてる。。。でも世間のハイキングのイメージからするとわかる気がするけど。
2013.1.13 高尾山口-陣馬高原下 トレラン事始め_b0219778_12274564.jpg

陣馬高原下バス停到着は12:30過ぎ。1時間に1本のバスは直前に出発したばかり。
2013.1.13 高尾山口-陣馬高原下 トレラン事始め_b0219778_1325035.jpg

なので、ビールと陣馬そば。
2013.1.13 高尾山口-陣馬高原下 トレラン事始め_b0219778_13254898.jpg


ハイキングのCT6:50のコースを、ジョグで3:00強(休憩含む)。
朝早起きせず家を出て、昼過ぎには下山しているのにこの充実感。
ただ、足元ばかり見ていて景色を見る余裕はなかった。景色を見るべき場所があったかどうかは別にして。
ラン(ジョグ)+ハイクというスタイルは使えそうだ。樹林帯をランし、開放感ある稜線は歩を緩め景色を堪能する。

一昨年に達成できなった、奥秩父スピードハイク2泊3日に思いを馳せた。
僕たちのU.L.志向ハイキングの延長にあるもののひとつが、スピードハイキングとかファストパッキングだろう。
南北アルプスでの4泊5日のコースを2泊3日で行くスピードハイクを一発かますことを今夏の目標にしよう。
35-40L程度のバックパックに興味と物欲が湧かないようにしないと。既に湧いてるけど。

サラリーマンの3連休での遊びの範囲が拡がる。
ハイキングの幅が広がっていくって楽しい。

by takemicchy | 2013-01-14 13:56 |  奥多摩 | Comments(2)
Commented by yama-oson at 2013-01-17 15:34 x
お〜!とうとうはじめられましたね!
なんか、タケミチさんには違和感無く馴染んでるような。
合ハイ……。参加しなくていいので、むちゃくちゃ見てみたいです。
Commented by takemicchy at 2013-01-18 23:01
osonさん

そうなのよ~。やっぱり新しいところに踏み出すのって楽しいすわ~。
あくまでハイキングを軸に今年も行きますけどね。

合ハイ。開催場所と日時は決まっているわけですからね。
何着て行こうかな(笑。


<< 2012.1.19 三浦アルプ...      2012年山旅レビュー (ル... >>