人気ブログランキング |

登ったり、漕いだり。

hikepedal.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 15日

2013.8.30 南八ヶ岳縦走 2days 敗退1day編

8月最後の週末、ストイックじゃない夏山ハイクがしたくなって南八ヶ岳縦走に向かう。
2013.8.30 南八ヶ岳縦走 2days 敗退1day編_b0219778_22362537.jpg

写真は青年小屋からの雲に隠れ続ける編笠山。厚い雲と強い風。。。



今回の行程は以下の通り。山では秋の声が聞こえるとか言ってるので、夏の終わりにギラギラの稜線歩きがしたい。

day1: 観音平inー青年小屋ー権現岳ーキレット小屋
day2: キレット小屋ー赤岳ー横岳ー硫黄岳ー夏沢鉱泉ー稲子湯out

朝イチのスーパーあずさで小淵沢からタクシーで観音平へ。途中、道の駅のパン屋に寄ってもらいつつ、9:40スタート。この日に予報されている雷雨を極力避けるためスピード重視の贅沢移動。

適度に緩く長い登りが続き、歩きやすい。今日は急がずあせらないハイキングの日にしたいので、極力は息を切らさないようにする。
2013.8.30 南八ヶ岳縦走 2days 敗退1day編_b0219778_22443018.jpg

歩きやすい道。前回の南ア南部とは比べものにならない、やさしい登りトレイル。しかも適度な歩幅で歩けるし、歩きにくそうなところには何かしら掴まるモノがあったりと整備されている。八ヶ岳が人気のワケがわかる。
2013.8.30 南八ヶ岳縦走 2days 敗退1day編_b0219778_23304559.jpg

木漏れ日のトレイル。
2013.8.30 南八ヶ岳縦走 2days 敗退1day編_b0219778_22491848.jpg

2時間強で、青年小屋に到着。稜線はガスっている。そしてゆる登りしてるけど肌寒い。夏なのに。大した汗もかいていないが、汗冷えしてる。高山ハイクにおける半袖短パンの季節は終わったのか?
2013.8.30 南八ヶ岳縦走 2days 敗退1day編_b0219778_22504492.jpg

天気は良くない方向。視界無し+風強し。とりあえず、小屋の軽食のラーメン、天ぷらうどん、おでんを食べつつ、この後の行程を考える。ココは天ぷらうどんが特に美味い。嫁曰く、小西真奈美似のスタッフが運んでくれた。

天気のことを尋ねると、今日明日は良いはずだったけど…。と。下界と山の上は違うのね。

この先、キレット小屋までは、森林限界越えの岩場とかクサリとかハシゴとからしい。風だけでも嫌なのに、雨も確実っぽく、朝の天気予報では雷やゲリラの可能性って話も聞いていた。

外は風が強くなる一方で、編笠山から降りてくる人達は雨こそ降っていないものの雨具を着ている。窓から見えるこの絵面がダメなんだよなぁ…。
2013.8.30 南八ヶ岳縦走 2days 敗退1day編_b0219778_2254253.jpg

選択肢は3つ。
意を決してキレット小屋に強行するか、昼から青年小屋テン泊するか、痛手を負わないうちに下山するか。
霧と強風のテン場。広いフラットで良いロケーションなんだが気象条件がね。。
2013.8.30 南八ヶ岳縦走 2days 敗退1day編_b0219778_22575014.jpg

決め手となったのは、明日、青年小屋での音楽イベントの出演者で美濃戸から縦走してきた方が昨日、権現小屋泊で夜に急な暴風雨にあったという話。昨晩の関東・山梨は広域で快晴だったはずだが…。

とにかく、快適な夏山ハイキングをしにきたことに、合致しないネガ要素がデカくなってきたので、そうそうに下山することに決めた。真っ白な編笠山にも登らずに。ただ来た巻道をピストン。

雲海の分岐からは、観音平ではなく富士見平に降りる。

観音平方向は広く人通りの多いトレイルだが、コッチは細くて薄暗く笹の生い茂るトレイル。味わい深いのだが、何せ熊が出そうな雰囲気…。行きとは違う道で、なんて、変な欲を出さなきゃよかったかな…。
2013.8.30 南八ヶ岳縦走 2days 敗退1day編_b0219778_2335054.jpg

2人とも言葉には出さないが不安に感じ、無駄にしゃべり倒したり、奇声に近いものを発しながら、カラダにチカラが入ったまま進んだ。
2013.8.30 南八ヶ岳縦走 2days 敗退1day編_b0219778_2361891.jpg

決して悪いトレイルではない。でも、何だか熊が怖いだけ。そういえばトレイルの入り口には熊目撃情報が書かれていたな…。
2013.8.30 南八ヶ岳縦走 2days 敗退1day編_b0219778_2345632.jpg

富士見平到着。やはり八ヶ岳も南アも怪しい雲が掛かってる。山の天気予報って難しい。
2013.8.30 南八ヶ岳縦走 2days 敗退1day編_b0219778_238416.jpg

折角、テン泊装備で来たんだから、清里あたりで高原キャンプでもして帰ろうとも考えたが、下界の天気も怪しそうなので、家路へ。

実質、日帰り八ヶ岳は行きのあずさとタクシーの交通費が痛いので、帰りはCT2:00相当の舗装路を歩いて戻る。
2013.8.30 南八ヶ岳縦走 2days 敗退1day編_b0219778_23122927.jpg

東京までもJRの鈍行か高速バス。丁度いい時間のバスに乗り、八ヶ岳贅沢日帰りピストンの終わり。

五反田の悟空で安ウマ中華三昧でシメる。五反田店限定の福建式あんかけ炒飯。
2013.8.30 南八ヶ岳縦走 2days 敗退1day編_b0219778_2314755.jpg

使ってない道具の片づけってなんて楽なんだろう。
というわけで、この山行はノーカウントだな。。。

by takemicchy | 2013-09-15 23:33 |  八ヶ岳 | Comments(0)


<< 2013.9.14 日光ハイク...      2013.8.14-16 南ア... >>