人気ブログランキング |

登ったり、漕いだり。

hikepedal.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 02日

2013.12.29-31 多摩川を下る旅(奥多摩-羽田82k) day1

奥多摩駅から多摩川沿いに海(羽田空港国際線ターミナル)まで自分の足で進む旅。
いったい何日で行けるのだろう。
2013.12.29-31 多摩川を下る旅(奥多摩-羽田82k) day1_b0219778_1853142.jpg

出発準備を終えた奥多摩駅で。(写真は全てiphone4s)




2013-2014の年末年始は9連休。
移動にコストのかかるこの時期に、帰省や旅は避けて近場で楽しい旅をしようと思いついたのがコレ。

最長20kmしか走ったことのない僕らが走ったり歩いたりしながら羽田空港までの82kmを目指す。
一日のゴールは、体力の限界か日没サスペンデッドとし、自宅に戻り、再び翌日その地点からスタートするというもの。2日か3日か連続して20-30kmを走れるものなんだろうか?

当初はテン泊装備のバックパックで臨むつもりだったが、多摩川沿いのビバーク環境が不明だったことから、バックパッカー的多摩川下りは次回へ持ち越しし、今回は軽装で行く。装備は以下の通りの(トレ)ラン装備。
2013.12.29-31 多摩川を下る旅(奥多摩-羽田82k) day1_b0219778_1932121.jpg

[上半身]
・ファイントラック フラッドラッシュ スキンメッシュT
・パタゴニア キャプリーン4フーディー
・アークテリクス インセンドフーディー
・アークテリクス Phase AR ビーニー
・パタゴニア ナノパフ プルオーバー(行き帰りの防寒用)
・ユニクロ スマホ手袋(アクリル)
[下半身]
・スマートウール トランクス
・OR ラディアントハイブリッドタイツ
・モンテイン フェザーライトパンツ(防寒用)
・スマートウール 靴下
・ALTRA Instinct 1.5
[バックパック]
・Ultraspire Surge
[食糧]
・水500ml(いろはすPET)
・モンテール どら焼き(チルド)
・おにぎり1個
・ジェル1本(CLIFのチョコ味)
・グミ(ハニースティンガーのライム味)

1日目は自宅を6時過ぎに出発し、奥多摩駅へ向かう。
途中、立川駅構内のおにぎり専門店でおにぎり3個を買いこみ、電車内で頬張る。
コンビニおにぎりのクオリティとは比べ物にならないくらい美味い。ここの開店時間は7:00なので、今後の山行に際して、朝ご飯の定番になること必至。
特に赤飯と写真の「煮玉子おにぎり」は絶品。
2013.12.29-31 多摩川を下る旅(奥多摩-羽田82k) day1_b0219778_18525238.jpg


ダウンを脱ぎウインドシャツを羽織り、9:00出発。
青梅駅までは、青梅線沿いに青梅街道を進む。山の上はうっすらと雪をかぶっている。
2013.12.29-31 多摩川を下る旅(奥多摩-羽田82k) day1_b0219778_18534254.jpg

冷え込んだこの日、気温は5℃くらいだろうか。日陰は寒いが太陽の当るところは温い。
6分/kmペースで進むと汗ばむ。5kmも進まないうちにウインドシェルを脱ぎキャプ4で走る。
2013.12.29-31 多摩川を下る旅(奥多摩-羽田82k) day1_b0219778_1361685.jpg

11:00過ぎ、20km地点手前に「十割そば」と書かれた蕎麦屋「わせいろう」を発見。
空腹感は無かったが、直感的に美味そうと感じ入ってみることに。
新そばの十割そばは、風味・コシ・のどごしの全てが今まで食べたそばの中でもトップクラスに美味しかった。
2013.12.29-31 多摩川を下る旅(奥多摩-羽田82k) day1_b0219778_18542064.jpg

街を走る場合はコンビニがありがたい。特にセブンの100円コーヒー(HOT)には何度か救われた。
羽村市からは幹線道路を避け、裏道を進む。
2013.12.29-31 多摩川を下る旅(奥多摩-羽田82k) day1_b0219778_1332868.jpg

嫁は、お腹が冷えるのかキャプ4をノースの8分丈パンツにINしていた。。見事なまでのハイウエスト。これではジャージにインする家着スタイルだ。。。この後の数kmはこのまま走っていた。。。。

25k地点の羽村の堰でどら焼き休憩。20分程の休憩でリラックスできた。
羽田まで伸びる自転車道「多摩サイ」の起点・終点はココ。
2013.12.29-31 多摩川を下る旅(奥多摩-羽田82k) day1_b0219778_18552074.jpg

羽村ー福生間の土手は川面の近い開放感のある気持ちの良い道だった。
2013.12.29-31 多摩川を下る旅(奥多摩-羽田82k) day1_b0219778_18554237.jpg

しかし、休憩で冷え込んだカラダは思うように動かず、膝に激痛が走る。歩くのも困難な状態に。休むんじゃなかったな。。。とは言え、25km超えのランは初めてなので、距離のせいなのか。。。嫁はまだ走れるようだ。。。悔しい。。。

しかしこの旅は決してラン旅ではない。ランを絡めたスルーハイクだ。走っても歩いてもOK。だから歩いて進む。

激痛をこらえて歩くも限界で、極上のフラットのある「福生かに坂公園」で入念にマッサージ&膝バンドの装着。情熱大陸でヤマケンがトレイル走りながらマッサージを繰り返しては走り続けていたのを思い出して、見よう見まねのマッサージながら気分を盛り上げる。それで大分と楽になったのは事実。
2013.12.29-31 多摩川を下る旅(奥多摩-羽田82k) day1_b0219778_18563598.jpg

歩くスピードではいろんなものが目に入る。多摩川沿いは猫が多く生息するにゃんこエリア。
2013.12.29-31 多摩川を下る旅(奥多摩-羽田82k) day1_b0219778_185839.jpg

歩き移動に暇になった嫁はアスレチックで遊ぶ。内心、夫に物足りなさを感じていたという。。。
2013.12.29-31 多摩川を下る旅(奥多摩-羽田82k) day1_b0219778_1858248.jpg

走っていると温かいが、西日での歩き移動は冷えるのでダウンとウインドパンツを着込みトボトボ歩く。
何度か走ろうとしてみるが、走ると激痛が走るため5m走って諦める。
2013.12.29-31 多摩川を下る旅(奥多摩-羽田82k) day1_b0219778_1859647.jpg

夕暮れが近づく。青と赤のグラデの空。
2013.12.29-31 多摩川を下る旅(奥多摩-羽田82k) day1_b0219778_18592823.jpg

立川の多摩川土手には夕暮れの富士山方向にレンズを向けたカメラマンが多くいた。
この日は立川からダイヤモンド富士が見られる日だったらしい。
ダイヤモンド後のいい時間。
2013.12.29-31 多摩川を下る旅(奥多摩-羽田82k) day1_b0219778_190146.jpg

時刻は17:00前。一日目は日没サスペンデッド。
この日の目標を「最低でも立川。最高でも立川。」としていた。かろうじて目標は達成した。
1日目の距離42km。時間6h33min(休憩込み7h56min)。
(前半25kmは6.5minペースのジョグ。後半15kmは13min/kmの歩き。)

柴崎体育館から初めての多摩モノレールで立川経由で帰路へ。
自宅近くの台湾料理「一福」で絶品台湾メシとビールを流し込み締めた。
2013.12.29-31 多摩川を下る旅(奥多摩-羽田82k) day1_b0219778_1904341.jpg

風呂入って全身にバンテリンを塗り込み、明日の膝の復活を願った。

アスファルト歩きの際は、薄底ゼロドロップのALTRAインスティンクトは向かない。。。
明日はスタイル無視で厚底のアシックスで行こう。

by takemicchy | 2014-01-02 13:09 |  関東近郊 | Comments(0)


<< 2013.12.29-31 多...      2013.11.23 第3回鎌... >>