人気ブログランキング |

登ったり、漕いだり。

hikepedal.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 29日

2014.6.14-16 八ヶ岳を南下する3days day3~行者小屋-小淵沢~

3日目は赤岳~キレットを超え、観音平経由での小淵沢ゴールへ。
2014.6.14-16 八ヶ岳を南下する3days day3~行者小屋-小淵沢~_b0219778_1032266.jpg

赤岳直下から権現岳方面を望む。



4:00過ぎに起床。5:20出発。明け方は5℃くらいでニーウォーマーを付けてスタート。
2014.6.14-16 八ヶ岳を南下する3days day3~行者小屋-小淵沢~_b0219778_932286.jpg

急坂のステップを、後ろ手に組んで息が上がらないように、とにかくゆっくり登る。
2014.6.14-16 八ヶ岳を南下する3days day3~行者小屋-小淵沢~_b0219778_9343986.jpg

ひたすら登る。意外と登りやすく、ここを登りに選んでよかった。下りだと厄介だろうな。
2014.6.14-16 八ヶ岳を南下する3days day3~行者小屋-小淵沢~_b0219778_9352033.jpg

月曜日ということと時間が早いせいもあって、下りとのすれ違いも狭いステップでは発生せず順調に赤岳直下のキレット分岐に到着。当然、赤岳山頂は巻く。
2014.6.14-16 八ヶ岳を南下する3days day3~行者小屋-小淵沢~_b0219778_101229.jpg

大っ嫌いな下がスパッと切れた怖いところをビビりながら通過し、
2014.6.14-16 八ヶ岳を南下する3days day3~行者小屋-小淵沢~_b0219778_10301847.jpg

今日歩く稜線を見渡す。結構下るみたい。山の朝7時前の爽快に晴れた景色は最高。
2014.6.14-16 八ヶ岳を南下する3days day3~行者小屋-小淵沢~_b0219778_10313998.jpg

でもって下りはガレガレの急くだりは神経を使う。ただ、落ちる心配はないからひと安心なんだけど。
2014.6.14-16 八ヶ岳を南下する3days day3~行者小屋-小淵沢~_b0219778_1038378.jpg

下りたくない道。登るのもきついと思うけど。
2014.6.14-16 八ヶ岳を南下する3days day3~行者小屋-小淵沢~_b0219778_10384937.jpg

その後はゆるりとキレット小屋までいける。この日2本目の無印バウムを食べながらシェルターを日干ししココロとカラダの軽量化を図ってから、9:00前に再出発。
2014.6.14-16 八ヶ岳を南下する3days day3~行者小屋-小淵沢~_b0219778_1046777.jpg

キャンプ指定地らしきフラットなどはどこにも見当たらない。キレット小屋でのテン泊はアテにしちゃいけない。
2014.6.14-16 八ヶ岳を南下する3days day3~行者小屋-小淵沢~_b0219778_10503517.jpg

赤岳を背に、急ぐことなく歩く。時間を気にしないあせらないハイクもいいもんだ。
2014.6.14-16 八ヶ岳を南下する3days day3~行者小屋-小淵沢~_b0219778_10463235.jpg

権現岳を見上げる。
2014.6.14-16 八ヶ岳を南下する3days day3~行者小屋-小淵沢~_b0219778_10525258.jpg

これが権現岳かどうかはわからないけど。。
2014.6.14-16 八ヶ岳を南下する3days day3~行者小屋-小淵沢~_b0219778_1053169.jpg

権現岳直下のハシゴ。下から。
2014.6.14-16 八ヶ岳を南下する3days day3~行者小屋-小淵沢~_b0219778_10592068.jpg

上から。息を止めて登っていたような記憶。ここよりも赤岳直下の方が怖かったかな。
2014.6.14-16 八ヶ岳を南下する3days day3~行者小屋-小淵沢~_b0219778_10593771.jpg

ほどなく権現小屋が見えた。
2014.6.14-16 八ヶ岳を南下する3days day3~行者小屋-小淵沢~_b0219778_1152647.jpg

小屋のにゃんこ。人懐こいようでいて、一定の距離感は常に保ち続ける。エサを欲しそうだったがあいにく持ち合わせていなかった。持っていたとしても与えて良いものかどうかは自信がない。
2014.6.14-16 八ヶ岳を南下する3days day3~行者小屋-小淵沢~_b0219778_1161295.jpg

(帰ってから調べたがあまり情報はなかった。住み着いているらしいが、一説には小屋の飼い猫ではないらしい。いったいどうやってここに居ることになったのだろうか・・・?)

青年小屋に到着。なんだかゴールしたような気分。
嫁のパンツはSWRVEのlightweight wwr regular fit trim trousers。
以前の記事に書いたSlimではなくRegular fitの方。3日間縦走に使用した感想は”履いていないみたい”だそう。
山と道miniは申し分のない背負い心地だそう。ONE同様にどこも痛くならないとのこと。
この容量で行けるようになると夏場は行動範囲がさらに広がりそうだ。(特に僕らは小屋メシ活用派だし。)
Terranovaのウエストポケットを行動食入れに付けられたのも利便性UPに役立った。
2014.6.14-16 八ヶ岳を南下する3days day3~行者小屋-小淵沢~_b0219778_11142627.jpg

青年小屋(私的)名物の天ぷらうどん。かき揚げが美味いのだ。
2014.6.14-16 八ヶ岳を南下する3days day3~行者小屋-小淵沢~_b0219778_15565718.jpg

あっという間に黙々と観音平に到着し、舗装路歩きを避け、自然歩道ハイキングコースへ。
素晴らしい草原のゆるくだり。足腰にキテいるので無理だが、元気なら走った絶対気持ちいい。
2014.6.14-16 八ヶ岳を南下する3days day3~行者小屋-小淵沢~_b0219778_1662185.jpg

舗装路に出てコーラがぶ飲みした瞬間は至福だった。

スパティオ小淵沢でひとっ風呂浴びてすっきりし、小淵沢グルメ探訪へ。
井筒屋のうなぎか、かつみ食堂のジンギスカンの2択にしぼり、肉を優先させた。
野菜は茹でるという、珍しい焼き方のジンギスカンだったが、肉は美味かった。
2014.6.14-16 八ヶ岳を南下する3days day3~行者小屋-小淵沢~_b0219778_16151076.jpg

ZimmerBuiltのPikaPackは6月中旬の高山2泊3日に必要十分だった。
ショルダーパッドにも一定の厚みがあり、OMMのDuoマットを背中部分に入れていたせいもあって背負い心地も問題なし。
気に入ったのは下山後にルナサンに着替えた後、トレランシューズを突っ込めるキャパのある外ポケ。
2014.6.14-16 八ヶ岳を南下する3days day3~行者小屋-小淵沢~_b0219778_16223323.jpg

帰りはコスパに優れる高速バスで(あずさとは2人で4,000円くらい違う)。
面倒くさかったのでバス停まではタクシーで。

梅雨の合間×私的3連休全てが「晴れ」の奇跡の中、ひとの少ない静かな八ヶ岳を堪能できた。
但し、横岳-赤岳-キレット小屋間に好んでいくことは今後ないだろう。八ヶ岳遊びは、北八ヶ岳~硫黄岳間と、青年小屋周りで十分だ(笑。

なまっていた山体力を取り戻すことが出来たいい旅だった。今年の夏はどこにいこうか。。。

by takemicchy | 2014-06-29 17:02 |  八ヶ岳 | Comments(2)
Commented by yama-oson at 2014-07-01 23:10 x
お疲れ様です〜。
ハシゴより赤岳のほうが怖かったですか!?
僕は完全にハシゴでした〜。
青年小屋にそんなうまそうな蕎麦があるとは
知りませんでした〜。いつか行ってみたいです。
しかし、タケミチさん見る度に毎回
格好が違うような…サンバイザーですか?
僕も夏、すっごい頭が蒸れるので
サンバイザーとか検討中です。
あと、奥さんのパタゴニアハットも
気になってました。
Commented by takemicchy at 2014-07-03 00:10
結論:OSONくんの3日目はやばい。って嫁と話してました。

得手不得手ってあるんだなって(笑。

僕なんかは人工物があると安心するんだけど、
キレット的な自然に近いワイルド感は苦手。。。
だから横岳と赤岳を同日に行っちゃうとかあり得ない。。

格好はバックパック以外は1年半以上使ってますよ。
サンバイザーもウールボーダーTもスコーミッシュもバギショもシューズもね。

パタのダックビルは適度に古臭くて馴染むなぁって。
頭は飛躍的に涼しいらしい。
バイザーはややスポーティーさは否めないなって。
CAPOくらいならいいんだろうけど。


<< Mountain Hard W...      2014.6.14-16 八ヶ... >>