人気ブログランキング |

登ったり、漕いだり。

hikepedal.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 15日

9.13-14 谷川岳で寝るハイク day1

9月3連休は、近くていい山、谷川岳へ。
去年のハイクで見られなかった稜線からの景色を見たくて。
9.13-14 谷川岳で寝るハイク day1_b0219778_21493041.jpg

写真は、武能岳から蓬ヒュッテ方面に続く穏やかなトレイル。



5:30に家を出て、9:00過ぎにロープウェイ山頂から歩き出せる。さすが近くていい山だ。リフトの先に見える谷川岳山頂を目指す。
9.13-14 谷川岳で寝るハイク day1_b0219778_2131612.jpg

観光登山の谷川岳山頂までは渋滞気味でなんとも言えないが、歩きやすい道ではある。そしてロープウェイに乗ったはずなのに想定外に登る。
9.13-14 谷川岳で寝るハイク day1_b0219778_218254.jpg

山頂手前の肩の小屋で水分補給と休憩。水場の確認を怠ったにも関わらず、泊まりなのに500mlの水しか持たずに来た我々は不測の事態に備え500mlで400円の水を2本購入…。
今回のバックパックは山と道MINIとZimmerBuilt。マットをInertia X-LITEにしたおかげで30Lクラスで外付けなしで行ける。
9.13-14 谷川岳で寝るハイク day1_b0219778_21105267.jpg

肩の小屋を後に山頂へ向かう。年配の集団が大声で話しながら、下りなのに我が物顔で歩く好きではないトレイルだけど(笑。
9.13-14 谷川岳で寝るハイク day1_b0219778_2120564.jpg

撮影渋滞の双耳峰は当然スルーし、その先の落ち着いた稜線へ急ぐ。
9.13-14 谷川岳で寝るハイク day1_b0219778_21212164.jpg

ガスってきたがいい稜線が続く。色づき始めてる。
9.13-14 谷川岳で寝るハイク day1_b0219778_21213744.jpg

一ノ倉岳まではグイッと登って山頂へ。カマボコ型の小さなシェルターが一ノ倉岳避難小屋。ホント小さくて地図には収容人数1-2人とある。ここまで小さいのは初めて。閉所恐怖症になりそう。。
9.13-14 谷川岳で寝るハイク day1_b0219778_21302278.jpg

一ノ倉岳〜茂倉岳間は魅惑のフラットがあったりで穏やか。おにぎりを食べながら歩く。
9.13-14 谷川岳で寝るハイク day1_b0219778_21304195.jpg

ついに茂倉岳からの下りで晴れ間が出た。稜線とトレイルを見渡せた。素晴らしい。
9.13-14 谷川岳で寝るハイク day1_b0219778_21331141.jpg

自然とテンションは上がり歩みは速まる。
9.13-14 谷川岳で寝るハイク day1_b0219778_21345971.jpg

振り返ると色づき始めた茂倉岳。
9.13-14 谷川岳で寝るハイク day1_b0219778_21354636.jpg

武能岳への上り。これを超えると後は蓬ヒュッテまではゆる下り。
この日はicebreakerのウール半袖プリントT。秋はウールのもってりとした質感と冷え過ぎない素材感がいい。
9.13-14 谷川岳で寝るハイク day1_b0219778_21385946.jpg

上り途中には、蓬ヒュッテとその先に続く極上の稜線トレイルが見渡せる。
9.13-14 谷川岳で寝るハイク day1_b0219778_2139421.jpg

やはり極上。ゆったりハイクもいいもんだ。
9.13-14 谷川岳で寝るハイク day1_b0219778_21432456.jpg

いやいや、ホント極上。
9.13-14 谷川岳で寝るハイク day1_b0219778_21441770.jpg

そんなこんなで13:40蓬ヒュッテ到着。CT6:00を4:30。とはいえ早歩きだったみたい。
イチバン乗りで選びたい放題だったので、フカフカ芝生の一番上を選択。
ルナソロとゲイトウッドのコンビは丁度1年前の中央アルプス以来だ。
9.13-14 谷川岳で寝るハイク day1_b0219778_21444076.jpg

土樽方面に下ったトレイル沿いに水を汲みにいく。流量豊富なとても美味しい水。思わずうまい!と声が出る。往復20分でも行く価値ある。
9.13-14 谷川岳で寝るハイク day1_b0219778_214541.jpg

帰って小屋を覗くと管理人さんが今日は居るようで「ビール」が売っている幸せ。当然飲みます。
9.13-14 谷川岳で寝るハイク day1_b0219778_21491042.jpg

テン場に戻ってビールとチャーシュー。最近は夕方までガッツリ歩き続けることが多かったから、テン場でゆっくりするなんていつ振りだろう。早く着いてゆったりするテント泊もいいもんだ。
9.13-14 谷川岳で寝るハイク day1_b0219778_21455365.jpg

のち昼寝。今回はイナーシャX-liteを初使用。特筆すべきはその小ささゆえに、パッキングを一段コンパクトにできること。それだけでなく寝心地もいい。寝袋インで使用したがいつものクローズドセルよりもラグジュアリー。ただ、口だけで快適レベルまで膨らますのは至難の技。付属のポンプは必携だ。
9.13-14 谷川岳で寝るハイク day1_b0219778_21461418.jpg

書くに値しない質素な晩御飯を食べて19:00過ぎには寝袋イン。気温は10℃程度だろうか。OMM1.6に、半袖短パンにアームウォーマー&ニーウォーマー×2にBuffみたいな長いネックウォーマー、薄手のダウンパンツ、アークの化繊ダウンフーディNucleiHoodyで快適。

夕方からは小雨まじりの霧って感じで期待した夕陽は見られなかった…。明日は終始快晴の予報だし、朝日に期待しよう。

by takemicchy | 2014-09-15 22:05 |  谷川 | Comments(0)


<< 9.13-14 谷川岳で寝るハ...      2014.8.13-14 北ア... >>