人気ブログランキング |

登ったり、漕いだり。

hikepedal.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 23日

2014.11.23 笹尾根-高尾25Kスピードハイク

数年ぶりのデイハイク。というかスピードハイク。1年ぶりの奥多摩(高尾)。
2014.11.23 笹尾根-高尾25Kスピードハイク_b0219778_10015284.jpg
写真は、醍醐丸周辺。落ち葉の敷き詰められたフカフカの明るいトレイル






2年前の年末に同じ道をジョグ&ハイクで6時間で行っている道。眺望は殆どないが秋冬の枯れた森歩きが楽しめる好きなルート。
今回は同じ25km、CT10:30の道程を5時間以内に走破したい。

日帰りハイキングのために早起きするのが億劫で去年は秋冬のデイハイクに行っていない。
そんなことから今回も6時に起きた後に眠くて中止も考えたが、家を出てしまえば山へ向かうわくわく感が出てきてホッとした。

武蔵五日市からバスで上川乗へ。9:45ハイクアップ。登山口から浅間峠まではゆる登り。
グレートトラバースを前日に見ていたのでそんなペースで登ったら35分で到着。
2014.11.23 笹尾根-高尾25Kスピードハイク_b0219778_10000302.jpg
晩秋らしい明るい森の道。日が当たると暖かい。こういうの好き。早起きしてきてよかったと思える。
2014.11.23 笹尾根-高尾25Kスピードハイク_b0219778_10003440.jpg
ゆっくり走り続けられるトレイル。
2014.11.23 笹尾根-高尾25Kスピードハイク_b0219778_10005511.jpg
右手にちょいちょい富士山が見える。快晴だが、気温が高めの今日はややかすんで見えた。
枯れた森に青空。歩いても走っても気持ちいい。秋冬の低山ってこういうのだったって思い出す。
2014.11.23 笹尾根-高尾25Kスピードハイク_b0219778_10022618.jpg
地味に細かいアップダウンを、登りは歩き、フラットと下りは走りながら進んでいく。
この日はパタゴニアのCAP4フーディーにトラバースパンツ、メリノビーニー。
走っていると暑いが、移動と休憩を考えるとベターな選択だったなと。
これに防寒としてアークの化繊フーディーを持ったが気温は10℃弱の今日は不要だった。
2014.11.23 笹尾根-高尾25Kスピードハイク_b0219778_10034243.jpg
巻ける道はすべて巻く。
歩くよりも、ゆっくりながらも走る方が、テンポよく進めることに気づき、ついつい走っている方が多くなる。
2014.11.23 笹尾根-高尾25Kスピードハイク_b0219778_10020736.jpg
陣馬山到着。CT5:20のところ、2:30で到着は上出来。ここまで11km。
朝、立川駅で買ったおにぎりと茶屋の味噌汁・けんちん汁を。
あったかくてしょっぱい汁物のなんて美味しいことか。ここで25分休憩。
そばとかも売っているので、このルートに来る時は行動食のみでOKだね。
陽が当たる場所では防寒着も不要なくらいポカポカしていて、いいコンディションの日だった。
2014.11.23 笹尾根-高尾25Kスピードハイク_b0219778_10024482.jpg
冷えたカラダを温めつつ高尾山方面へ。トレイルが走りやすいので飛ばしてしまうが、カラダは付いてこない。
この辺で2度転んだ。。。人が増えてくるとそっちに気を使ってしまう。
2014.11.23 笹尾根-高尾25Kスピードハイク_b0219778_10032835.jpg
当然全ての山頂を巻きながら城山到着。で、コーラがぶ飲み。この辺はもう観光地。
2014.11.23 笹尾根-高尾25Kスピードハイク_b0219778_10031749.jpg
高尾山への道はいつもぐちょぐちょのイメージがあったが木道が整備されていた。ここ2年の変化なのかな。いいこと。
2014.11.23 笹尾根-高尾25Kスピードハイク_b0219778_10030028.jpg
今年の紅葉はいまいちというが、紅葉の時期なので観光客でトレイルがあふれかえってきた24km地点で終了。
24kmを4:35は上出来。それにしても週末の高尾山の混雑には辟易。。。

ご飯をおいしく食べるためのスピードハイク。
五反田のクラフトマンで締めた。
2014.11.23 笹尾根-高尾25Kスピードハイク_b0219778_10320835.jpg

日帰りの山に行くのに早起きする事に億劫になっていたが、行ってみると気持ちのいい1日が過ごせることに改めて気づいた。
ランを絡めたカタチなら山旅の距離も伸ばせて低山の魅力を満喫できる。

この冬はこういう過ごし方もいい。早起きしてみるもんだ。


by takemicchy | 2014-11-23 21:35 |  奥多摩 | Comments(0)


<< swrve lightweig...      2014.10.25-26 秋... >>