人気ブログランキング |

登ったり、漕いだり。

hikepedal.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 10日

2015.5.2-3 クラフトビールのブリュワリーを巡るTrip + Trail day1 (山梨to静岡)

思い立って旅に出た。(12時に思い立って、13時に旅に出た。)
2015.5.2-3 クラフトビールのブリュワリーを巡るTrip + Trail day1 (山梨to静岡)_b0219778_00074968.jpg
行き先はまず甲府。アウトサイダーブリューイングのブリュワリー直結のHops & Harbsへ。




前日の丹沢スピードハイクの肉体疲労をどっぷり感じつつも、晴天のGWに家でまったり過ごすのも勿体無いなんて思い始めた昼過ぎにホテルを予約し、旅とアウトドア半々の格好で家を出た。目的はクラフトビールのブリュワリーを巡る旅。

世間一般のGW初日の混雑した14:00発のスーパーあずさで立って甲府まで。今日は30℃を超えると言う。
2015.5.2-3 クラフトビールのブリュワリーを巡るTrip + Trail day1 (山梨to静岡)_b0219778_00012669.jpg
雰囲気のある飲み屋街の入口を抜けていく。
2015.5.2-3 クラフトビールのブリュワリーを巡るTrip + Trail day1 (山梨to静岡)_b0219778_00033541.jpg
徒歩10分でアウトサイダーブリューイング到着。裏手から入ったため工場って感じがして良い。アウトサイダーの全てのビールはここで作られている。
2015.5.2-3 クラフトビールのブリュワリーを巡るTrip + Trail day1 (山梨to静岡)_b0219778_00051431.jpg
2FのHops & Harbsへ。
落ち着いた感じのタップルーム。ゆっくりできる。
2015.5.2-3 クラフトビールのブリュワリーを巡るTrip + Trail day1 (山梨to静岡)_b0219778_00055452.jpg
ここは甲府。ヴァンフォーレ甲府の試合が行われる今日は飲みながらJリーグ中継にヤジを飛ばすサポーターを横目にくつろぐ。自転車旅の若者や年配のハイカーも続々集う。いいよね、運動後のビール。
2015.5.2-3 クラフトビールのブリュワリーを巡るTrip + Trail day1 (山梨to静岡)_b0219778_00054219.jpg
唐揚げや軟骨焼き、洋風枝豆などのフードも美味いのが嬉しい。昼メシ食わずの16:00前だけあってバクバク&ゴクゴク。
幸先よく1人2杯ずつ。IPAとトリペルを。トリペルはやはりここを代表するスペシャルビールだと実感。他にはないマンゴーを彷彿させる香りが突き抜ける感じ。
2015.5.2-3 クラフトビールのブリュワリーを巡るTrip + Trail day1 (山梨to静岡)_b0219778_00061992.jpg

次の目的地は静岡。当初は甲府をぶらぶらして、18:30発のJRワイドビューふじかわで向かう予定だったが、16:55発の高速バスに乗れることが判明。甲府滞在1:30で静岡へ向かう。地元の和菓子屋でおススメのワッフル(洋菓子)を買い、中心街を抜ける。何があるかっていったら何もないかも。
2015.5.2-3 クラフトビールのブリュワリーを巡るTrip + Trail day1 (山梨to静岡)_b0219778_00072191.jpg
グルメ旅をベースとしたRun+Trail。TetonBros.のTシャツにHoudiniのSwiftPants、Altra Instinct。そのまま走ったりハイクも行ける格好に、highland2000の麻のニット帽とローテクデイパックの装い。デイパックの中身はラン用のウェアや読みたかった雑誌も突っ込んだ。無駄を楽しむアンチUL仕様。旅先の買い物もポイポイ突っ込んでいくつもり。だけどウインドシェルとシャンブレーシャツで迷って、ついついいつものウインドシェルを入れてしまったことをやや後悔。アウトドア≦旅にしたかったんだけどな。

バスは身延線や富士川沿いの長閑な道を行く。19:30静岡駅着。

次の目的地はAOIブリューイング。美味しそうな赤ちょうちん、イケてそうな店を覗いたりと、寄り道をしながら30分。
2015.5.2-3 クラフトビールのブリュワリーを巡るTrip + Trail day1 (山梨to静岡)_b0219778_00423517.jpg
嫁は最近HoudiniのSwiftパンツを愛用しすぎている。伊豆ハイクも丹沢トレジョグもクラフトビール旅も。そのくらい履かれたらパンツ的にも満足だろうってくらいに。素敵なことだ。
2015.5.2-3 クラフトビールのブリュワリーを巡るTrip + Trail day1 (山梨to静岡)_b0219778_00425843.jpg
昨年オープンの静岡では話題のブリューパブ。20席ほどのコの字カウンターのみの潔い作り。お客さんも店員さんも、みんなの顔の見える作りで、自分が店をやるならこんなの理想だなって思える店。
2015.5.2-3 クラフトビールのブリュワリーを巡るTrip + Trail day1 (山梨to静岡)_b0219778_00431809.jpg
7種の品揃えで、エール、アルト、ヴァイツェンあたりを400mlのグラスで3杯。この日はIPAが無かったのが残念。
フードも美味い。メンチカツと地場野菜のサラダが特においしかった。

店の方(若いが多分店長さん)が言っていたのが印象的だった。IPAに感動してクラフトビールにはまったが、最近はIPA疲れしてしまいヴァイツェン寄りになっているという。確かにIPAのコッテリ感が続くと、重すぎて本来の味を楽しめないことがある。その方のおススメは1杯目にIPAを飲み、ラガーやでさっぱり戻してから、もう一度IPAに行って〆る飲み方。僕には合いそうだ。

そうそう、ここのヴァイツェンは超絶美味しかった。バナナみたいなという説明がぴったり。今まで飲んだどのヴァイツェンよりもバナナだった。といってもヴァイツェン飲んだの3回目だけど。
2015.5.2-3 クラフトビールのブリュワリーを巡るTrip + Trail day1 (山梨to静岡)_b0219778_00433400.jpg
店主らしきお兄さんに静岡オススメのシメの店を聞くと、「ソビ」を食べておけと。蕎麦を「ソビ」というらしい。この地方の方言ではなく、その店特有という。行かねば。やっぱりクラフトビールを作っちゃったり店やっちゃったりする人はその街の美味いもんやイケてるもんを知っている。というのが僕の最近の持論。
2015.5.2-3 クラフトビールのブリュワリーを巡るTrip + Trail day1 (山梨to静岡)_b0219778_00435088.jpg
静岡の歓楽街を抜け、「ソビスケ」というその店に行ってみると、オシャレな正統派蕎麦屋でありながら、「マゲ」のヅラを被って食べると割引になる「マゲワリ」ってアミューズメントのある若くセンスのある店主が営む店。入店時には「いらっしゃいマゲ」で出迎えてくれる。
2015.5.2-3 クラフトビールのブリュワリーを巡るTrip + Trail day1 (山梨to静岡)_b0219778_00401320.jpg
「ソビガキ」と言う名の蕎麦がきとだし巻き玉子を日本酒でつまみ、
シメは「のりのりせいろ」と言う名のざる蕎麦。二八の喉越しが好きな感じ。蕎麦もつまみも味はふざけていない(笑。
2015.5.2-3 クラフトビールのブリュワリーを巡るTrip + Trail day1 (山梨to静岡)_b0219778_00535617.jpg
通りすがりのHUG COFFEEで飲んだカフェラテがスモーキーで美味いこと。都内でもそうそうない味。
外国人がたくさん集っていた。

なんかね、静岡は味のクオリティの高さも、店作りのセンスの良さも、ホスピタリティもそろった店が多そうで良い街だなって。
旅や出張で地方都市に行く機会が多いがその中でも抜群だと思った。
2015.5.2-3 クラフトビールのブリュワリーを巡るTrip + Trail day1 (山梨to静岡)_b0219778_00545572.jpg
ホテルに帰って風呂入って寝たのは深夜2時頃。午後からの長い半日を満喫した。

自らの行動力と旅の設計能力を自画自賛し、美味いクラフトビールとローカルフードに満足したday1だった。
でもローカルフードって呼べるような料理は食べてないか。。。まぁ、その土地を楽しんだ気にはなれたからいいや。

あ…。今日はトレイルもランもしてない。Trip+TrailではなくただのTripになっている。。。まぁいいや。


by takemicchy | 2015-05-10 12:51 | 旅行 | Comments(0)


<< 2015.5.2-3 クラフト...      2015.5.1 丹沢主脈1d... >>