人気ブログランキング |

登ったり、漕いだり。

hikepedal.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 10日

2015.9.4-6 たまには北アルプスの中心へ day1 ~上高地-槍ヶ岳~

夏休みとシルバーウィークの間の合間を狙って、行ったことのないメジャールートへ。
2015.9.4-6 たまには北アルプスの中心へ day1 ~上高地-槍ヶ岳~_b0219778_13334315.jpg
梓川沿いのトレイルを槍沢小屋へ向けて進む。




行き先は、槍ヶ岳-笠ヶ岳。上高地IN-新穂高OUTのメジャールート。
さわやか信州号の3列シートが取れたことがきっかけ。人生初の深夜バス。

新宿ねぎしの牛タン定食から始まるハイキング。仕事を終えて晩飯とビールのあとにそのままバスってのは何とも効率的。
2015.9.4-6 たまには北アルプスの中心へ day1 ~上高地-槍ヶ岳~_b0219778_14011419.jpg
3列シートは思いの外ゆったりで十分寝れる。到着寸前に無駄に買い込んだ飲料やパンを流し込むあたりに不慣れを露呈。

5:15頃に上高地BT到着。想定外の雨も20分くらいで青空に。バス停に広い屋根が付いているのは雨をしのげて準備するのにありがたい。さすが北アルプス最大の玄関口。
2015.9.4-6 たまには北アルプスの中心へ day1 ~上高地-槍ヶ岳~_b0219778_14013057.jpg
梓川沿いのフラットをやや早足で。
2015.9.4-6 たまには北アルプスの中心へ day1 ~上高地-槍ヶ岳~_b0219778_13332326.jpg
気温は10℃弱。あったまるまでに時間がかかる。夏装備で来たので3000mの寒さに不安を覚えたり。
2015.9.4-6 たまには北アルプスの中心へ day1 ~上高地-槍ヶ岳~_b0219778_13251824.jpg
徳澤園や、横尾山荘をパス。
2015.9.4-6 たまには北アルプスの中心へ day1 ~上高地-槍ヶ岳~_b0219778_14040369.jpg
綺麗で水量豊富な梓川。この辺は水の豊富なトレイルだ。
2015.9.4-6 たまには北アルプスの中心へ day1 ~上高地-槍ヶ岳~_b0219778_13255168.jpg
槍沢小屋で水を補給。嫁のパタゴニア メリノデイリーTは調子良さそうだ。VネックのメリノTはメンズも出して欲しい。
2015.9.4-6 たまには北アルプスの中心へ day1 ~上高地-槍ヶ岳~_b0219778_14014470.jpg
ババ平もパス。ここはテントを沢沿いに張れるんだね。
2015.9.4-6 たまには北アルプスの中心へ day1 ~上高地-槍ヶ岳~_b0219778_13260505.jpg
青空が見えている。この調子で行って欲しいな。槍見って書いてあるとこからは槍は見えなかったな。
登っても大汗をかかず、ウール半袖Tが丁度良い季節になった。
2015.9.4-6 たまには北アルプスの中心へ day1 ~上高地-槍ヶ岳~_b0219778_13340547.jpg
そうこうするうちに稜線は雲に覆われてきた。今日は晴れ予報じゃないのかよ。
そして雨へ…。すぐに止む事を期待して雨具は着ない。
2015.9.4-6 たまには北アルプスの中心へ day1 ~上高地-槍ヶ岳~_b0219778_14143960.jpg
だけど雨足は強まる。やむなく雨具上下を。嫁の顔が不機嫌。僕のせいではない。天気予報のせいだ。
OMMサイファーJKとモンベルバーサライトパンツ。もう3年コレが定番。(嫁のはウエストコム FOCUS LT)
2人とも雨具が上下黒になっちゃってる。。。
2015.9.4-6 たまには北アルプスの中心へ day1 ~上高地-槍ヶ岳~_b0219778_13262258.jpg
登りでの雨具はどんなに透湿性が高くても、汗だくになるからもう何でも一緒だな。汗で濡れるくらいなら雨に濡れてやるとか思って脱いで見るけど、雨足強くなるし。っていうネガティブな登りを3時間くらい。ペースなんて上げる気もしない。
2015.9.4-6 たまには北アルプスの中心へ day1 ~上高地-槍ヶ岳~_b0219778_13263964.jpg
晴れてくれよと思いながら毒づく。「つまんねぇ〜」って。

いまさら気付いたのは、雨に濡れると冷えるし、汗で濡れると先々臭うと言う事。どっちを選ぶか。

11:30過ぎに殺生ヒュッテに到着。小屋でラーメンでも食べる前に、テン場を見にいくと岩岩しくてガスの中だから寒々しい。当然誰もいない。「よし、テント張ろう」とはならない。判断を先延ばしにするか…。
2015.9.4-6 たまには北アルプスの中心へ day1 ~上高地-槍ヶ岳~_b0219778_13265285.jpg
ちらっと地図を見ると槍ヶ岳山荘までは20分とある。なので昼メシがてら行って見ることに。ちょい散歩のつもりが急登を登れど登れど着かない。それもそのはず、下りが20分で登りは40分と見間違えだった…。

そのうち寒さを感じ、沢の渡渉で濡れた足が冷えてきた。そして「帰りてぇ」とか悪態をつく。TJARのDVDでこんなシーンを見た。大げさか。。。
2015.9.4-6 たまには北アルプスの中心へ day1 ~上高地-槍ヶ岳~_b0219778_13342270.jpg


槍ヶ岳山荘到着。ガスガス強風のなか、もうテン泊する気なんてありまへん。ってことで小屋泊へ。混みそうだけど再び殺生ヒュッテに戻る気力も無いし。
2015.9.4-6 たまには北アルプスの中心へ day1 ~上高地-槍ヶ岳~_b0219778_13270500.jpg
ストーブのたかれた槍ヶ岳山荘は快適。ビールとおでん。シメのラーメンまで堪能。
2015.9.4-6 たまには北アルプスの中心へ day1 ~上高地-槍ヶ岳~_b0219778_14020262.jpg
しかし、1時過ぎから混雑した小屋で時間を潰すってのは苦痛だ。あったかい談話室で山雑誌を読み、仮眠するも、ツマミと酒の匂いと宴会のデカい声で不快になって、寝床に戻るも薄暗くなんだかパッとしない。「ヒマだ…。」こんな事なら双六まで歩き通したほうが良かったんじゃないかとか話したり。けど濡れた服を乾かせたり、冷え切ったカラダをあっためられたのは小屋泊ならでは。正解だった。そしてココが混雑するワケは槍ヶ岳山頂の取り付きまで30秒という立地にあると知る。皆、雨ガスが晴れたら登ろうとしている。なるほど…。偶然外に出た時に数十秒の晴れ間が。それも束の間この日はずっと小雨ガスガスだった。
2015.9.4-6 たまには北アルプスの中心へ day1 ~上高地-槍ヶ岳~_b0219778_14024301.jpg
何とか時間をやり過ごし17:00の夕食の時間を迎える。約100名/回×3回転と言う。ってことは300人は泊まってるってことか。
2015.9.4-6 たまには北アルプスの中心へ day1 ~上高地-槍ヶ岳~_b0219778_14021698.jpg
で、食事の内容はいたって普通。人気の小屋と聞いていたがその理由は槍ヶ岳までのアクセスに尽きる。そこに興味ない僕らにとって、今回のベストの選択は確実にココより空いているであろう殺生ヒュッテに小屋泊だったはず。人気の山小屋ってのは僕らにとってはNGワードかも…。

8:00就寝。隣に人が居なかった事と、耳栓&マスクで快眠。
2015.9.4-6 たまには北アルプスの中心へ day1 ~上高地-槍ヶ岳~_b0219778_14025410.jpg
改めて気付いたのは、僕は、雨もまた楽しいなんて言えないってこと。特に森林限界越えの稜線では尚更。視界が開けてナンボだ。

明日こそ晴れるらしい。期待するしかない。


by takemicchy | 2015-09-10 22:22 |  表銀座 | Comments(0)


<< 2015.9.4-6 たまには...      2015.8.11-13 夏の... >>