人気ブログランキング |

登ったり、漕いだり。

hikepedal.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 12日

2015.9.20-21 南ア 鳥倉から仙塩尾根を北へ day2 熊ノ平小屋-広河原

2日目は森林限界超えの稜線を堪能したあと、下山して甲府でビールを飲む日。
2015.9.20-21 南ア 鳥倉から仙塩尾根を北へ day2 熊ノ平小屋-広河原_b0219778_22410052.jpg
写真は、間ノ岳から北岳への稜線。




4:30起床の5:00出発の予定が、4:50起きという寝坊からのスタート。10時間寝てたことになる。風もなく静かな夜だった。

いつものように、そそくさと撤収して5:30前に出発。まずは三峰岳方面に向かう。
2015.9.20-21 南ア 鳥倉から仙塩尾根を北へ day2 熊ノ平小屋-広河原_b0219778_22392102.jpg
小屋を振り返ると森のなかの風を避けられる場所に建っていることがわかる。
2015.9.20-21 南ア 鳥倉から仙塩尾根を北へ day2 熊ノ平小屋-広河原_b0219778_22325253.jpg
稜線に出ると風は強い。きっと北岳山荘や肩の小屋のテン泊はそこそこ風の影響を受けたんだろうな。
でも見渡す山々は素晴らしい。正面は三峰岳(方面)だと思う。
2015.9.20-21 南ア 鳥倉から仙塩尾根を北へ day2 熊ノ平小屋-広河原_b0219778_23141257.jpg
左(北)には仙塩尾根が見える。3000m弱の三峰岳から2300mまで下り、樹林帯を登り降りしながら、最後に仙丈ヶ岳まで700m登り返すんだな。じわじわ消耗しそうな感じ。でも歩き甲斐があるに違いない。北沢峠から入って南下するのもいいだろう。
2015.9.20-21 南ア 鳥倉から仙塩尾根を北へ day2 熊ノ平小屋-広河原_b0219778_22330769.jpg

day2は仙塩尾根で北沢峠に下山する案もあったが、day1が思いの外樹林帯多めだったので、剥き出しの稜線歩きがしたかった。となると間ノ岳ー北岳の稜線は魅力的だ。ってことでちょいと遠回りで視界の開ける道を行ける農鳥小屋への巻き道から広河原に向かうことに。無印バウムを頬張りながら。

いい巻き道。
2015.9.20-21 南ア 鳥倉から仙塩尾根を北へ day2 熊ノ平小屋-広河原_b0219778_22402389.jpg
塩見岳方面の眺望もいい。南ア南部の山々も見える。南部を行った一昨年はシルエットで言えたのにもうわからなくなっている。
2015.9.20-21 南ア 鳥倉から仙塩尾根を北へ day2 熊ノ平小屋-広河原_b0219778_22365070.jpg
最後は無駄に下って無駄に登るけど。
2015.9.20-21 南ア 鳥倉から仙塩尾根を北へ day2 熊ノ平小屋-広河原_b0219778_22370910.jpg
登ってそこに現れた富士山はホントに素晴らしくて。
2015.9.20-21 南ア 鳥倉から仙塩尾根を北へ day2 熊ノ平小屋-広河原_b0219778_22373437.jpg
でも風強くて寒くなるので、サッサと間ノ岳に登りながらカラダを温める。農鳥小屋に向かう稜線の眺めが素晴らしい。

2015.9.20-21 南ア 鳥倉から仙塩尾根を北へ day2 熊ノ平小屋-広河原_b0219778_22380201.jpg
何度も振り返る。トレイル、雲海、富士山…。こういうのが見たかった。白峰三山ルートが人気の訳がわかる。
2015.9.20-21 南ア 鳥倉から仙塩尾根を北へ day2 熊ノ平小屋-広河原_b0219778_22404370.jpg
山頂付近がなだらかな間ノ岳。北岳からの一気にハイカーが増える。賑わう山頂を避けてテントを干しながら湯を沸かし尾西の赤飯を仕込む。
2015.9.20-21 南ア 鳥倉から仙塩尾根を北へ day2 熊ノ平小屋-広河原_b0219778_22335897.jpg
間ノ岳ー北岳間は天空の稜線とか表現されることが多く期待したが、それほどでもないかな。歩きやすいトレイルだけどハイカーが多いせいか狭く感じ、眺望も思ったほどではないかなぁ。って言っても晴れた日の森林限界越えは爽快だ。
2015.9.20-21 南ア 鳥倉から仙塩尾根を北へ day2 熊ノ平小屋-広河原_b0219778_22382097.jpg
程なく北岳山荘到着。
2015.9.20-21 南ア 鳥倉から仙塩尾根を北へ day2 熊ノ平小屋-広河原_b0219778_22411561.jpg
小屋であんぱんを買い食べながら先に進む。北岳山頂付近の混雑を避ける意図で左俣コースで下ることに。
2015.9.20-21 南ア 鳥倉から仙塩尾根を北へ day2 熊ノ平小屋-広河原_b0219778_22413096.jpg
前回来た時もココを下りたけど、雨で濡れてて厄介だった記憶がある。晴れてドライの今日はサクサク行ける。しかしシルバーウィーク中日の今日は登る人も下る人も溢れてる。左俣コースの特徴はハシゴ。ここはすれ違い不可だ。ってことは渋滞が発生する。想定できたはずだけと気づかなかった…。正解は右俣だったか…?
2015.9.20-21 南ア 鳥倉から仙塩尾根を北へ day2 熊ノ平小屋-広河原_b0219778_22414771.jpg
何度か渋滞待ちと先行者を安全に抜くのを繰り返すうちに、7人のパーティが出来上がる。僕ら以外は基本的に小屋泊装備のハイカー。だが先頭を行く白い帽子の人はトレランもやってそうな感じでトコトコと歩みは早い。判断も的確で無駄に待ち過ぎないので、ストレス無く行ける。離されないように皆、必死でついて行った。
2015.9.20-21 南ア 鳥倉から仙塩尾根を北へ day2 熊ノ平小屋-広河原_b0219778_22421469.jpg
僕らの歩みはかなり早いほうだ。だけど先頭を行く〝リーダー〝の歩みも中々早い。僕らもときにしんどくなるくらいに。そんなのが1時間半以上続いたりすると、会話はないけど仲間意識とかチーム感が出来てくるもんで。たぶん皆のヒザはガクガクしていたに違いない。それでも引っ張り続けるリーダーのことを皆頼りにしていた。

急な下りが終わると沢沿いの森の道になる。水の豊富なここはビショビショのトレイルだということを忘れていた。最後に靴をグシャグシャになるの嫌だなぁ…。

13:20くらいに広河原山荘に下山後に何か食べたかったが、バスの混雑を想定して早目に並んでおこうってことで缶ビール片手にバス乗り場に向かう。14:20発の甲府行きバスなので余裕を持ってきたつもりが既にヒドい行列が…。恐るべしシルバーウィーク。がしかし、バスは5台来て、素晴らしきはバス会社の秩序を重視したさばき。好きな号車への乗車を許さず、並んだ順に確実に座れるように配席していく。

甲府着後は、駅近くの銭湯に向かうもなんと休み(月曜日)。なので止む無く銭湯前で青空着替えをして甲府の街へ。
クオリティは並かそれ以下(笑)の薄味の甲州地鶏の人気店で焼鳥と唐揚げを。久々にハズした。雰囲気、客層ともに確実に美味そうなのにな。
2015.9.20-21 南ア 鳥倉から仙塩尾根を北へ day2 熊ノ平小屋-広河原_b0219778_22343248.jpg
2軒目はアウトサイダーのタップルームへ。やっぱりココの「トリペル」は素晴らしい。酔っ払ってついついTシャツ買ってた。
2015.9.20-21 南ア 鳥倉から仙塩尾根を北へ day2 熊ノ平小屋-広河原_b0219778_22345513.jpg
3軒目は辛いつけ蕎麦。港屋のパクりだけど美味しい。
2015.9.20-21 南ア 鳥倉から仙塩尾根を北へ day2 熊ノ平小屋-広河原_b0219778_22351470.jpg
高速バスに飛び乗り、大渋滞で新宿到着は深夜1:00過ぎ。結局タクシーで帰宅。

疲れたけど山に浸れた2日間でした。次は仙塩尾根の北側と蝙蝠尾根にいってみたい。と思えたのも収穫だった。
自分の目で見て行きたいと思ったのは裏銀座以来。来年の南アのルートが自ずと見えた。


by takemicchy | 2015-10-12 23:42 |  南ア | Comments(0)


<< 2015.10.10-11 続...      2015.9.20-21 南ア... >>