登ったり、漕いだり。

hikepedal.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 08日

2017.12.30-1.1 ぼくの高松案内

帰省メインの高松旅。
b0219778_14011777.jpg
できる限り遊び尽くす。




ちなみに僕の出身ではない。社会人スタートの懐かしい街。
旅と食はセット。

朝メシ食わずの空港ビール。香川に来たら朝と昼はうどんがいい。
ということで松下製麺所。
高松の官庁街近くにありながら、私的には讃岐うどんの"だし"ランキングで坂出の"がもう"と同率1位の店。
なんと2日連続で行ってた。(で、大晦日深夜の孤独のグルメ瀬戸内編に登場してた。メチャいいタイミング。)
b0219778_14021917.jpg


朝メシ食ってないから2軒目まで徒歩3分。あまりに有名な竹清へ。天ぷらを食べるためのうどん。
この2店、少なくとも15年前から変わらない。
b0219778_14025412.jpg
b0219778_14025924.jpg
ジョグ10kmを兼ねた町中散策を経てたどり着いたのは「蘭丸」。
骨付鳥がメインの居酒屋。地のモノを美味しく食べさせてくれる居酒屋。
香川の骨付き鳥といえば「一鶴」以外知らなかったがここは全部美味い店。
聞くと開店13年。住んでた時にはなかった店だ。
b0219778_14050885.jpg
b0219778_14055727.jpg
b0219778_14060578.jpg
高松のクラフトビールの草分け「Craic」。
b0219778_14065945.jpg
クラフトビールといえば、素晴らしい店ができていた。「mero bar」。
看板を見ればわかるひとにはわかる。
品ぞろえ、ホスピタリティ、居心地すべてがよい。高松の街を豊かにする店だ。必ず再訪したい。
b0219778_14100737.jpg
b0219778_14095645.jpg
b0219778_14093083.jpg
シメは迷わずココ。「しるの店 おふくろ」。
住んでた時に最大で週3回行ってた。高松のいつもの店。
私的定番のじゅんさい汁と明太半焼き。
b0219778_14081903.jpg
b0219778_14082511.jpg
b0219778_14083055.jpg
トレイルだってある。栗林公園近くの峰山。屋島を見渡せる場所多数。
高松の裏山といった感じの低山の連なり。思いのほかコースは多彩。

b0219778_15053188.jpg
b0219778_14133435.jpg
b0219778_15053910.jpg
温泉だってある。2年前くらいにできた仏生山温泉。ヌメっとした食塩泉。
高松の中心、瓦町からことでん(路面電車)で4駅20分ほどでセンスのいい空間と温泉。
古い門前町が新たなカルチャーの発信地になりそう。
b0219778_14103274.jpg
b0219778_14112812.jpg
b0219778_14105699.jpg
年末年始ということもあってコーヒーやらカレーやら各種ショップやだらはあまり行けてない。
ここ数年でも、移住したひとや東京や関西から帰ってきて店を始める人たちが増えていて、数件面白そうな店(古本、古着)が増えていた。
美味くて落ち着くコーヒー屋さんが待望だ。





[PR]

by takemicchy | 2018-01-08 15:43 | 旅行 | Comments(0)


<< 2018.3.31 伊豆のトレ...      2017.12.15-17 石... >>