登ったり、漕いだり。

hikepedal.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 16日

2018.8.11-13 立山周辺でTJARを逆走する旅 day1 室堂-五色ヶ原

なんと1年ぶりの泊まりハイク。
今回は五色ヶ原からTJARを逆走し選手に出会い応援するハイク。
b0219778_08471101.jpg
五色ヶ原のテン場は最高だ。




夏休みは富山イン-立山-富山アウトで。
そう富山の夏の夜は素晴らしいから。

富山前泊からのスタート。
到着するなり、明日からのツマミにとホタルイカの干物を仕入れて、お目当ての「親爺」へ。
b0219778_08495217.jpg
b0219778_08501112.jpg
その後はクラフトビール。桃ヴァイツェン開栓に出会う幸運。
b0219778_08501590.jpg


翌朝は6:30富山駅発立山直通バスに。室堂着は9時過ぎ。
小雨と霧のなか出発。そのうち晴れるさと。
b0219778_08300772.jpg
雨は止めど、なかなか霧は晴れない。
b0219778_08583631.jpg
でもギラギラの太陽の下よりも涼しくて、歩く分には歩きやすい。
b0219778_08321819.jpg
ザラ峠のダウンアップを越え、五色ヶ原につく頃には晴れ間が。
b0219778_08583258.jpg
そして晴れた。木道と夏山の緑と青空。そうそう。これこれ。
ココまで3時間で到着。CTの60%で来られたことに安堵。俺たちまだイケるって。
b0219778_08332176.jpg

そして、そうそう。これこれ。裏銀座を見渡しながらのビールと富山駅で買った「ますのすし」を。
b0219778_08481748.jpg
ひたすらにダラダラするだけの昼下がり。充実したツマミとホットチョコレートと日傘があれば快適そのもの。
五色ヶ原のテン場は過去最高クラスに素晴らしい。小屋から離れた落ち着いたロケーション、
トイレ・水場はもちろん、小屋で買ったビールのごみ袋も設置してくれてテン場ライフを完結できる。
b0219778_08475033.jpg
テン場でのいくつかの交流もあった。荷を軽くしたいのでシェルター泊に興味があるというソロ2人との会話。
そしてブログを見てくれたという女子。(読んでくれたのは伊豆で心折れて修善寺で飲んだくれた内容だったのだが)
素敵な女子が話しかけてくれるんだからブログ書き続けようと思った。(でもドキドキして気の利いた返しができず後悔。)
皆、薬師~黒部五郎へのロングハイクを計画している。今回の僕らなんかよりも長い山行計画を組んでいる。

また、この日はTJAR前日。というか今夜0時に出発する。
驚いたのはその1日前に富山湾もしくは馬場島(登山口)を出発してTJARのルートを先行するファストパッカーが個別に3組居たこと。
皆、上位選手に抜かれることを楽しみにしていた。ここまで人を引き付けるTJAR。NHKのあの番組見たらそう思うよね。

この日は世間一般のお盆休み初日の土曜日。混雑するかと思いきや、30張に満たない程度。
しかもテント適地が適度に離れていて窮屈にならない。静かで快適に過ごせた。(写真は19時前のテン場の全景)
b0219778_08475730.jpg


by takemicchy | 2018-08-16 11:00 |  立山 | Comments(0)


<< 2018.8.11-13 立山...      2018.7.14 中央アルプ... >>