登ったり、漕いだり。

hikepedal.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 17日

2018.9.14-16 飯豊連峰を北上する旅 day1 ~弥平四郎登山口ー御西小屋~

ずっと行きたかった飯豊へ。
b0219778_15233835.jpg
夕暮れの御西小屋テン場から飯豊最高峰の大日岳を望む。




敬老の日3連休。1日前倒しでIN。
木曜夜に新幹線+在来線で会津若松に移動・前泊。
当然、酒場探訪するわけで。

もっきり。
日本酒のセレクトはもちろん、何を食べても美味しい店。ここだけの為に再訪したい。
b0219778_15112755.jpg
b0219778_15465887.jpg
時さえ忘れて。
クラフトビールとコーヒーとパンの店。もちろん日本酒も。とにかく居心地素晴らしい。クラフトビール2タップの品揃えも驚き。この日はAJBとHOP KOTANときた。
b0219778_15173176.jpg
そして泥酔。会津若松に住みたい。

→二日酔いの朝は5時起床。
磐越西線で野沢駅。タクシーで弥平四郎登山口へ。
b0219778_15181924.jpg
7:20スタート。秡川山荘から行くつもりだったが、タクシーの運転手が8割方は新ルート行くよというので、急登続きだけどCTの短い、上ノ越ルートを選択。
b0219778_15184503.jpg
秋の東北2,000mはibex hooded indieにちょっと丈長めのhoudini crux shortsを。
水はいろはす500mlのみ。切合小屋まで5時間くらいなのでこの時期の僕らはそれで十分。
b0219778_15260342.jpg
弥平四郎集落では希少な原木なめこの栽培が行われているらしく、下山後に食べたいものリストにイン。きっと下山するころには忘れているけど。
きのこ詳しくなりたい。いやそんなでもない。
b0219778_15184806.jpg
そして何だかガスっぽい。だけど時折の晴れ間が期待度上げてくれる。
b0219778_15191177.jpg
飯豊はCT緩いって聞いてたけど全然稼げずオンタイム。寝不足&二日酔い含めしんどい。まだ目が赤い。。。
この旅は急ぐ旅ではない。ゆっくり景色を堪能する旅にするんだ。テン場の混雑とか気にしなくて良い余裕がそうさせる。
b0219778_15262480.jpg
10:40三国小屋でコーラ休憩。500円+容器預かり100円。先は長いのでから容器は預ける。
(三国小屋の水場は遠いらしい)
b0219778_15193763.jpg
稜線に乗っかれば、あの飯豊らしい"たおやかな"尾根を歩けると思ってたけど全然そんなことは無くて。
b0219778_15194729.jpg



12:00切合小屋で水補給しておにぎり休憩。小屋前やコース上で水を補給できるのはありがたい。
b0219778_15195170.jpg
晴れ間が現れた。俄然気分は上がるし、サングラスして日焼け止め塗る。
b0219778_15214201.jpg
b0219778_15261351.jpg
だけどすぐにガスガスになってサングラスだと暗い。晴天祈願も含めサングラスは意地でも外さない。
というかわざわざメガネをかけ変えるのが面倒くさいっていうメガネハイカーあるある。
b0219778_15214750.jpg
なかなか飯豊らしい山の景色を拝ませてくれない。
確かbooさんのブログには飯豊本山を超えてからが飯豊らしい"たおやかな"が続くって書いてあったことを思い出す。


b0219778_15261087.jpg
13:45本山小屋で再びのコーラ休憩。当然100円多く払って預ける。
b0219778_15215432.jpg
管理人さんに御西小屋には16:00までには着くようにと助言を受ける。ここからCT1:50だし余裕だろう。
しかしガスは晴れない。
b0219778_15220427.jpg
これが精一杯。でもキレイでこの先の旅の期待となる。チラ見せ。
b0219778_16082630.jpg
ガスって見えないのを無理矢理打ち消す為に歩きやすいトレイルだねーなんて無理して満喫してる風を演じていると、雨がパラついて来たりして萎えた。だけどそこは無理矢理ポジティブを貫くために買ったばかりのTETON BROSの雨具着れてよかったねなんて言ってみたり。色がいいね、TETONは。ネオシェルですよ。まぁ俺クラスの発汗量だと何着てもベタつくんだけれども…。
b0219778_15222641.jpg
そうこうしてると御西岳近くに。しかしこの稜線のフラットさと言ったら。もやの中に太陽が見えてきた。
b0219778_15225045.jpg
青空こそ見えずとも黄金色の稜線に。
b0219778_17144495.jpg

飯豊とか2,000mとか忘れて、ココがどこかわからなくなる楽園感。待ち望んだ晴れ
b0219778_16035527.jpg
ここへ来て、たまらん稜線。最後の10分の晴れ。終わりよければ全てよし。
って思ったけど、やっぱ飯豊本山ー御西岳間の稜線を見られなかったのは残念。
帰ってbooさんのブログ見返してみよう。
b0219778_15231484.jpg
程なく御西小屋。15:45到着。
小屋番さんからは次まで行くのかい?と聞かれたが明日のここからの眺望を期待してステイする。というかそれが予定通り。いや十分に疲れている。
飯豊は稜線に出てからのCTは甘め。いつものペースで最初からスピードハイクをすれば明るいうちに梅花皮小屋までは行けただろう。


水汲んで、ビール(350ml2本で我慢)飲んで、テント設営。
ココの水は5分くらい歩くけど、キンキンに冷えててめちゃくちゃ美味しい。
b0219778_16062948.jpg
どん兵衛のリフィルの簡素な食事に、その倍以上高いポートランドで買ったのホットチョコレートの贅沢なシメ。
当然ガスよ。しかも黄色いプリムスのやつね。
b0219778_15235409.jpg

今日は3張。つまり僕ら以外に1張。
ひたすらに静穏な夜。しかも無風。ビチャビチャに結露。
b0219778_15240274.jpg
そうそう、ここまでの稜線殆どでドコモ(嫁)つながるが、ソフトバンク(旦那)は全くつながらない。
やはり山では圧倒的にドコモだね。TJARの必携品もドコモの携帯指定だもんね。

就寝装備は以下。暑かった。温度は見ていない。
・寝袋:WMハイライト(850fp225g)
・ダウン上:CRUX HALO HOODIE
・ダウン下:TNFサンダーパンツ
・ソックス:インテグラルデザイン ホットソックス
・マット:NEMO TENSOR 20S

明日のAMは雨予報。さぁどうしようか。


by takemicchy | 2018-09-17 16:48 |  東北 | Comments(0)


<< 2018.9.14-16 飯...      2018.8.11-13 立山... >>